どんとがうちにやってきた

dontodon.exblog.jp
ブログトップ

週末はこんなことを・・

私の客の中で、ダントツにやっかいな人がいる。

60代女性、独身。親が超金持ちで、本人も「採算度外視の社会的に有意義なお仕事」をしてきた方。若い時はさぞ美人だったろう・・マスコミにずいぶん取り上げられたこともある。

これだけで、やっかいさがわかりませんか?




Feeの発生しない依頼ごとばかりなのだが、もう長い付き合いで、腐れ縁と思って諦めている。うちのスタッフからは、「嫁仕事」と呼ばれています。

彼女のすごいところは、私をしてさえ、そのように諦めさせるほどの


そこをなんとか力だ。


どんなに理不尽なことも、そこはなんとか! といって、押し通してしまう。

たとえば・・

最近、超豪華億ションをお求めになったのだが、竣工して実際の部屋に入ってみると、思った通りの景色ではなかったんですね。それ、しょうがないと思うのだが、彼女、マンションの販売会社に、
「こんなはずじゃなかった。他の部屋と交換して!」と要求し、まあそこまではいいとして、「こんなことお願いしなくちゃいけないこと自体、すごくイヤなことなの。そんなイヤな目にあったんだから、他の部屋の代金、2000万値引きしてちょうだい!」と、それはもう泣くは喚くは、で、私は「値引きの根拠ないと思いますけど・・」と言っていたのですが、結局思った通りの値段にさせました。

あっぱれ。


要するに、相手がめんどくせーと思って、言うとおりにしてくれてしまうわけですね。


とても勉強になりますが、真似はできない。





さて、その彼女が、希望通りの超豪華億ションに引っ越し、その引っ越しもバーチャル嫁である私が手伝い、家具などの買い物も付き合うはめになりました。休日に!

食器棚を買うために、置き場所の寸法を測ると、139センチ。二人で計ったので、正確です。横は壁と冷蔵庫なので、1㎜の余裕なく、139センチ。

家具屋に行き、まあ色々みて、彼女が唯一気に入った食器棚があったのだが、寸法142センチ。




「残念ですね、入りませんね」と、当然言うわけです、私。

ところが彼女が言うのは、



大丈夫、きっと入るわ




はい?


1㎜も余裕なく139センチだっこと、ご存知ですよね。でも言うんです。きっとなんとかなると思うの



はい?



どんなに「そこをなんとか」って言っても、冷蔵庫も壁も、引っ込んではくれないと思うのです。

それなのに、なんか、私がすごく間違っているような気にさせられるところが、また彼女のすごいところで。



それから彼女に納得させるための紆余曲折は、自分で自分を誉めてあげたい。が、なぜ私がそうまでして彼女を説得しなければならないのか、やはりよくわかりません。


わたくし、ずっと、仕事やめたい~~ と言い続けているのだが、理解してもらえるでしょうか・・
[PR]
by dontodon | 2010-04-20 23:39

犬猫馬鹿息子とのバトル生活


by dontodon