どんとがうちにやってきた

dontodon.exblog.jp
ブログトップ

まー の事情

デジカメが壊れていることを言い訳に、更新を怠っています。すみません。


今日は、まーのこと。



むうがFIP(伝染性腹膜炎)で突然死んだとき、慌てて まーの詳しい血液検査をした。

その結果は、やはりコロナウィルスの抗体値は3200と極めて高く、さらに肝臓の数値が、通常値の10倍くらいの数字。

ここで少しだけFIPの話をすると、FIPというのは、多くの猫が持っているコロナウィルスというウィルスが体内で突然変異したときに発症する。
コロナウィルス自体は、猫の半数以上が持っているといわれていて、弱毒性で怖くはない。罹ったときに、少し下痢をする程度で、猫によっては何の症状もない。
通常の血液検査では、コロナウィルスの抗体値など測定しないので、自分の猫がコロナをもっているかどうかなど、最後まで知らない人が殆どだと思うし、私もそうだった。だから、もしかすると、銀次やぺんぺんも、コロナは持っていたかもしれない。

この、さほど怖くないコロナウィルスが、猫の体内で、何かのきっかけで変異すると、伝染性腹膜炎という全く別物の、致死率100%とも言われる病気になってしまうのだ。
そのきっかけははっきりとはわかっていないのだが、ストレスが一番の要因、とも言われている。特に、極端な多頭飼い現場などで、猫が強いストレスを感じる場合などに、起こりやすい、というのが定説。


そこで、まー。(何度書いても、間抜けな名前!)

コロナウィルス抗体値が3200というのは、残念ながら非常に高い数字だ。おまけに肝臓の数値も極端に悪いというのは、可能性としてFIP発症の虞れが大きい。
ただ、この数値も変動しやすいので、一喜一憂せずに、全身症状を見るように、というのが現在のまーの状況。

まーにストレスが加わったら、FIPになっちゃう!! と震え上がったうちの家族は、それゆえ、まーが何をしても怒れないことになった。ストレスを与えないように。

その結果どういうことになっているかというと・・・



まーは、やりたい放題の、とんでもない猫になりつつある。




ご飯は、ぺんぺんの分も、むにの分も、とにかく全部一人占め。まず他人の分を食べてから、自分の分を食べる。勝手な奴の基本ですね。
それでも足りずに、私の顔をみるたびに、めしー めしー  と要求する。

台所は、どんとと一緒になって荒らし、ゴミ袋を漁るのはもちろん、買ってきたお肉や魚のパックなど置いておこうものなら、パックごと咥えてラップを引きちぎり、貪り食う。


人間がご飯を食べていると、ほれぼれするような光速の速さで、箸からおかずを掠め取って行く。


その結果、一日、10回くらいウンチをする。

うちは、3匹の猫なので、トイレも3箇所にあるのだが、その全てを縦横無尽に汚して、ぺんぺんたちはうんざり。



さすがに我々の食事の時は、テーブルの上で暴れまくられて食事どころではなくなるので、仕方なく人間のトイレに入ってもらっている。(リビングに置いてあるケージだと、出すまで騒ぎ続けて、かえって大変なことになるんです。)
息子の部屋に入れていたら、「カバンに脱糞され事件」があったので、息子の強い要請でトイレに入っててもらうことになったのだが、

昨日は、そのトイレでも脱糞されてました。

理由はわからないが、壁にまで飛び散る茶色いもの・・ たぶん、砂をカキカキするつもりで、その物自体をカキカキしたのではないかと思う。

銃殺だ!


と呻きながらも、ウンチ掃除する夫。

それでも怒られず、甘やかされ放題のまー(笑)


ちょっとでも誰かが声を荒げようとしようものなら、

ああ、まーにストレスが・・・(((((゚ロ゚屮)屮

てなもんです。まーにとっては、むうが死んだことで、棚からぼた餅。







でも、息子からは、お前の名前は、ウンコだ。

といわれ、ウンコと呼ばれています。
[PR]
by dontodon | 2010-12-03 13:07

犬猫馬鹿息子とのバトル生活


by dontodon