どんとがうちにやってきた

dontodon.exblog.jp
ブログトップ

ヨーグルトショック

冷蔵庫を開けたら、ブルガリアヨーグルトのパックが落ちてきて、床にぶちまけられた。

その途端に、わーーーーっと泣けてきて、自分でびっくりしました。


どんとがいたら、全部舐めてきれいにしてくれたのに・・っと瞬間に思っちゃったんですね。





大人になってよかったと思うのは、辛いことは考えないようにすれば、考えないでいられるようになったことです。

どんとのことは、頭に浮かぶと即泣けてくるので、ものすごく意識して考えないようにしてます。たぶん、そうしているうちに、3年くらいたつと、思い出しても冷静にいられるようになる、と(父の死の経験上)わかってるので。
でも、こういうちょっとした瞬間に、蘇っちゃうのは、自分の力ではどうしようもないです。




だがしかし!! こんな量のヨーグルト舐めたら、きっと畳に下痢ピーだっただろうなあ。それはそれで、二度とやだ。畳かえたばっかりだし。





どんとの次の子は?  と聞かれることあるんですが・・

私、あと3年半で仕事やめようと思ってます。定年はないのだけど、なんか違うことしたいので。
なので、仕事リタイアした3年半後に考えようと。

ただ、どんとが最初で最後の犬でもいいかなあ、という気もしてます。




去年の夏。目、見えてないのに、ちゃんと見えてるみたいですよね。彼の中では、私たちの顔が見えてたんだろうなあ

f0106884_23312014.jpg













[PR]
by dontodon | 2015-09-15 23:33

犬猫馬鹿息子とのバトル生活


by dontodon