どんとがうちにやってきた

dontodon.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ライアンといっしょ

どんとがうちに来る前にお世話になっていたのはnanayamukabuさんち。
どんとと同じく、そのnanayamukabuさんちから巣立ったライアンのおうちで、2年以上ぶりに再会した。ほんとうはもっと早くに会いに行きたかったのだが、いかんせん、どんとの車酔いのため遠出ができなかったところ、ライアンの家はうちから車で10分余り、ライアンの正式譲渡でnanayamukabuさんがライアンちに来られると聞いて駆けつける。
なつかしいねえ。

f0106884_2131289.jpg


ライアンは、写真でみるより大きくて、とても賢そうだ。どんとが終始へらへらしているのに比べて、ぴっとりりしい。(「ぴっとりりしく~」私の持ち歌ですが、・・・・さて、何の歌詞でしょう?)

f0106884_21222768.jpg


nanayamukabuさんは、これまで預かりボランティアで30頭以上の犬を里子に出している。里子に出た子はそれぞれみんな幸せに暮らしていて、nanayamukabuさんちには犬の神様がいると思う。いつか全員で同窓会ができるといいなあ。

f0106884_21274197.jpg
 
f0106884_2132594.jpg

[PR]
by dontodon | 2007-04-22 21:29

ばか?

六本木ミッドタウンは大江戸線に直結しているので、大江戸線利用の身にはとても便利だ。
中に犬グッズの店が1軒だけあり、つい覗いてしまう。馬鹿高いフード、珍しいおやつなどが色々あって、それなりに楽しい。冷凍の犬用ごはん「チキンのトマトソースとハーブライス」1人(犬?)前780円とか・・・私の今日のランチ代より高い。おやつも私が犬だったら泣きそうなくらい、おいしそうで、まったくもう!と思いながらも色々買ってしまった。
トリミングもやっているが、シャンプーとカットで12000円とか、人間の美容院よりはるかに高い。犬のスパやアロマテラピーなどのコースもあり、たとえばスパだと温泉が北海道やら奥飛騨やら数種から選べる。もちろんアロマテラピーの香りもたくさんから選ぶ。
それより何より驚いたのが、

泥パック!

あなた、犬がですよ、犬が泥パック? そこらの泥の中を転げてろよ、と思いましたが。
そのほかにも、一時保育1時間1000円から、ですって。
[PR]
by dontodon | 2007-04-20 12:57

トイレのなぞ

いきなりこんな話でなんだが、外国に行くといつも疑問なのが、トイレの使い方。みなさん、便座に座るんでしょうか? 便座のないトイレにもよくお目にかかるのだが、それは完全に中腰を前提にしていると思われ、老人などには非常につらくないのか? 私にはつらい。そもそも中腰でしっかり用がたせるんだろうか? 便座のないトイレが普通にある、ということは、便座がついているトイレも、外ではみんな中腰なのか??
ちなみに、私は便座にペーパーを隙間なく敷いてちゃんと腰をおろしている。便座のないトイレのときは、我慢する。
今回の旅行では、直前に行った湯河原の旅館の便座シートが素敵な花柄で、とってもかわいかったので、ちょっと10枚ほど失敬し、それをイタリアに持っていった。便座シートを持ち歩くの、おすすめです。
[PR]
by dontodon | 2007-04-16 16:16

爆発

久しぶりに夫に対して爆発した。結婚20年近くにもなると、相手に期待することもないし、大概のことはどうでもいいと思っているので、本気で怒ることも滅多にないのだが、あまりにふざけたことを言うために、一気に沸点に達する。夫が自分のために揚げたばかりのコロッケを投げつけ、それでも気が済まないので、近くにあったラジカセを床に叩きつけて崩壊。
物を壊したのは、4年ほど前に、あまりに片つけられない息子にキレて、プレステ2を2階の窓から庭に投げ捨てて以来だ。
ラジカセごめん。

それにしても、これほど長くつきあってきながら、なぜ夫は平気で地雷を踏むのだろう。歳取って人間丸くなっているので、私の中にはほんの数個しか地雷が残っていないのに、わざわざ選んで踏みに来るのは、学習能力が著しく欠如しているからか?

飲んだくれてやる。 
[PR]
by dontodon | 2007-04-15 17:45

祝 19才!!!

本日で銀次は19才に! おめでとう~。

銀次はまだ高いところにもジャンプできるし、時々はぺんぺんと全速力でおいかけっこもする。ここまできたら、どうかあと5年くらい頑張ってもらいたい。


お誕生日のご馳走は、かつおのたたき。ご相伴にあずかるぺんぺんが、ふ、ふ、ふとい。

f0106884_2253397.jpg
f0106884_2255444.jpg

[PR]
by dontodon | 2007-04-08 22:07

寝言

息子とは小学校に上がった頃から一緒の部屋で寝たことなどなかったので気が付かなかったのだが、すごい寝言言います、この人。
旅行に行く前日、朝6時前に元気に起き出したのでびっくりして、「休みなのにもう起きるの?」と聞いたところ、

うん、これから「のれん分け」があるって言うから、行かなくちゃならないんだよね。

ときちんと答える。・・・・はい?
しばらくすると、なんだかもそもそ言いながらまた自分の部屋に行って寝てしまった。
あとから聞いてみると、どうもラーメン屋で働いていて、のれんを分けてもらうことになった夢をみていたようだ。


イタリアでも、夜中に横向きに寝ていた私の肩を、うしろから、「ねえねえ」と言いながらトントンと叩き、え?と飛び起きると、私の目をしっかり見ながら

あのさあ、このことでは、みんな頑張ったよね。力を合わせたからうまくいったと思わない?

はい? あんまりきちんと話しかけるから、「まあそうだね。頑張ったね」と答えてみたら、満足してまた寝てしまった。 

タミフル?
[PR]
by dontodon | 2007-04-07 22:34

ユーロ高のおかげ

フィレンツエのホテルでは、先に荷物だけ部屋に運び込まれており、我々はツアーのメンバーと食事をしてからのチェックインとなった。
息子と部屋に向かうと・・部屋のドアがうっすらと開いている。???となりながら部屋に入ると、ベッドの上で、我々のスーツケース二つがぱっかり開けられているではないの!
どっひゃーっ!
当然しっかり鍵もかけていた。それほどボロくないサムイソナイトである。
息子が「まだ誰か隠れてるかもしれない」なんて言うから、急に怖くなって二人で部屋を逃げ出てフロントに。ホテルの従業員が同行して部屋に戻り、部屋をチェックしてもらってから、盗られたものを確認する。スーツケースの鍵はこじ開けられてグラグラになっており、中はしっかり物色されてはいたが、意外なことに何も盗られていない。
まあ、盗られるようなものも何も入っておらず、日本人サイズの衣類など盗んでも処分に困るだけだろう。買ったばかりのブランド品などが狙われるそうだが、ユーロ高のおかげで何一つ買い物をしていなかったため、被害なし。ありがとうユーロ高! しかし、何も盗る価値がない、というのは、ちょっと情けなくもある。
やりもしないのに春休みの宿題をイタリアまで持ってきていた息子は、「この宿題を盗ってってくれればよかったのに」などと言っている。日本の英語の教科書なんか、誰が盗っていくのさ。
一応4つ星ホテルだったのだが、さすがイタリアである。スーツケースもセイフティボックスも危ないとは聞いていたが、本当だ。
どうせイタリアなんだから、とホテルには何も期待していなかったが、添乗員が文句を言ったらしく、後でワインとフルーツが届きました。

これね。でも、ワイン抜きがない。ブラボーイタリア!
f0106884_0512761.jpg

[PR]
by dontodon | 2007-04-06 18:56

なんとイタリア

3月28日から今日まで、息子とイタリアに行ってきた。中学生になった頃から親の旅行には絶対について来ようとしなかった息子が、何を血迷ったか海外旅行なら行ってもいい、などと口走り、瓢箪から駒で実現しちゃったイタリア行きだ。もちろんイタリア初体験の息子のために、ベネチア、フィレンツェ、ローマの基本コース。8日間母子で一緒に過ごすのは、お互い結構大変だったが、意外にも大喧嘩にも至らず、無事帰国。
とにかくユーロが馬鹿高く、この私が何も買えない! 3年ほど前に行った時に比べ、物価が倍くらいになっている印象だ。

ゴンドラにも乗っちゃって
f0106884_21172874.jpg


フィレンツェのドオウモ
f0106884_211897.jpg


ローマはヨーロッパ中の学生が修学旅行に来ていて、うるさい。
f0106884_2118386.jpg


旅行の詳細は、そのうちお贅沢日記にアップします。

旅行の間、夫はもちろんいたのだが、時間が不規則なので、はじめてペットシッターを依頼して朝晩の散歩をしてもらった。ついでも猫組もかわいがってもらい、みなさん満足だったようだ。くせになりそう。
[PR]
by dontodon | 2007-04-04 21:22

犬猫馬鹿息子とのバトル生活


by dontodon