どんとがうちにやってきた

dontodon.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

3月に飛行機の中で見た「ライラの冒険」。

f0106884_811545.jpg



ライラが超可愛いのはもちろんなのだが、よろい熊の

イオレク・バーニソン

がものすごく素敵で、今や私の頭の中では、フランス旅行=よろいぐま ってくらい!


やっとDVDが出たので、もちろん買った。ああ、やっぱりすてき、イオレク・バーニソン!



f0106884_8122681.jpg










面影が似てるんだもん。



f0106884_8134786.jpg





あちこちから、非難の声が聞こえるような・・
[PR]
by dontodon | 2008-07-31 21:57

少年の夏休み

連休は那須。そろそろ尻に火のついた受験生も一緒だ。



山荘の玄関脇のクヌギに・・・


f0106884_22235488.jpg






げっ。

息子も喜ぶ年でもなく、宝のもちぐされ。
周囲には、こいつらの、無数の惨殺死体が散乱している。気をつけて見ていると、どうもカラスが攻撃しているようだ。ツノと羽は残して身を食しているらしい。生態系だから仕方ないか・・。

夕方になると、ひぐらしがすごい。




馬鹿息子はさすがにずっと勉強していたが、休憩時に「ほかに何もすることないからさ」と本棚から引っ張り出して夢中で読んでいたのが、

「武富士 対 山口組」



もちろん夫の本だが、なぜ爽やかな山の家にこのような本を・・!  
なにより、ほかに司馬遼太郎全集とか、藤沢周平とか、私のディックフランシスとかいろいろ置いてあるのに、何ゆえこの本を手にとる?


涼しい高原で雑念なく勉強に集中できるだろうと期待していたが、所詮こんなもんだ。
[PR]
by dontodon | 2008-07-22 22:44

夏への扉

ケーブルテレビのどこかのチャンネルで「キューティーブロンド」をやっていて、つい見てしまった。DVDも持っていて、今まで何回見たかわからないのだが、久しぶりに見て、やっぱり元気が出た。私にとっては、カンフル剤みたいな映画だ。
それでちょっとやる気になって、最近暑さにかまけて、だらけた格好で仕事に出ていたのだが、やっぱりおしゃれして働かなきゃね、と、今日はちょっと気合い入れた靴とファッションにしてみました。頭悪そうな発言ですみません。

弱っている時に何度も見る映画はこの「キューティーブロンド」なのだが、生きていくのが大変・・と思う時に何度も読む本は、なんと言ってもハインラインの「夏の扉」。あらゆるジャンルの本の中で、これが一番好きだ。すかっとします。
猫好きにも、ちょっとお勧め。文庫は表紙も猫だし。

夏の扉、ぴったりの時期だなあ。



・・・と書いていたのだが、なんかヘン・・「夏の扉」じゃ聖子ちゃんだ。「夏への扉」です。
[PR]
by dontodon | 2008-07-17 18:15

おめでとう、わたし。

実は、今日は私の誕生日。もう、嬉しくもなんともないのですが、



とりあえず、息子がご飯作ってくれた。


f0106884_2249239.jpg





酢豚と水餃子。

f0106884_2249298.jpg





もっと感激なのは、息子の彼女が、クッキー焼いてくれたこと。酒のつまみにと、チーズとこしょうで。おいしい!

f0106884_225004.jpg




おまけに、どんとには、豆乳とはちみつの犬用クッキーを焼いてくれました。


どんと感激!

f0106884_22503342.jpg







しみじみ幸せです。





夫から「誕生日プレゼントに欲しいものないの?」とメールが来たので、「犬?」と返信したら、やっぱり断られた。代わりに、「知り合いのカメラマンに、銀次の写真をとってもらえ」とめちゃくちゃなリクエストを。実現するといいなあ。





ところで、姑からは誕生日の花が届いたが、実の両親からは電話の一本もないっていうのはどういうことかしら? 両親の誕生日は手厚く祝ってるんだけど。
[PR]
by dontodon | 2008-07-08 23:01

仲裁犬

どんとは、誰かが大声出したり、家族で言い合いしていたりすると、すかさずすっ飛んで来て、必死にお手攻撃。

それでも止めないと、

やめてやめてやめてやめてやめて

と飛びつき続けて、黙るまで制止に入る。



言い合いをしてるときには、必ずよりヒートアップしている方を止めにかかる。まあ、たいてい私。どんとに止められると、なんだかこっちの方が悪いような感じになるので、すごく理不尽だ。
息子を叱っていても、どんとが私を止めに入ると、息子はかさに掛かって

ほら、どんとも黙れって言ってるだろ?


などとせせら笑うので、とてもむかつく。


うちに来たばかりの頃は、ちょっともめごとがあると、すぐに逃げて姿を隠していたどんとだが、いつからか生意気に仲裁に入るようになった。何様のつもり?



夫などは、「これをネタに、「きょうのわんこ」 に出そうよ」などと言うが、これを披露するには、カメラの前で怒鳴り合いをしなければならないので、それはちょっとどうなの?



今日も家族の仲裁に入って、家庭の平和に貢献するどんとなのでした~って?




f0106884_2138417.jpg

[PR]
by dontodon | 2008-07-06 21:35 | 犬猫

犬猫馬鹿息子とのバトル生活


by dontodon