どんとがうちにやってきた

dontodon.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ストリートビュー

ストリートビューが怖い



つい先ほどから始まったグーグルのサービス。グーグルの地図→ストリートビュー  をクリックする。自分の住所を入力すると・・・ピンポイントで、うちの映像が出てくるのだ。


こわっ。




確かに家というのはそこに建っている以上、世の中に晒しているものだから、その映像がネットに流れていても、誰の家、と特定されていない限りは権利侵害にはならないとは思う。表札はぼかしが入っている。でも、なんだか嫌だ。


それが証拠に、友人の住所とかむやみに入力したくなるもの。



このストリートビュー、360°カメラをつけた車が、絨毯爆撃状に走り回ったそうだ。うちなんか、住宅街の、行き止まりで細い道に面している。こんなところまで走っているんだ、と驚いた。うちのあたりは、雪のある時期に来たらしい。家の前に車がないので、出かけている時だったのだろう。車まで写らなくてよかった。



世の中、無用にすごいことになっています。




f0106884_22243472.jpg

[PR]
by dontodon | 2008-08-30 22:18

カツ丼問題

私は、家でトンカツ食べるとき、ソースの他にケチャップをかける。実家でもそうだったので、何の疑問も感じていなかったが、東京生まれの夫には「ありえない」と言われてはいた。でも、それって、個人的な好みの問題だと思っていたのだが・・

昨日の秘密の県民ショー@日本テレビ、「県の中心で愛を叫ぶ」というコーナーは、山梨県民のお話だった。山梨の女の子と山梨でデートする、というシチュエーションだったのだが、



山梨ではカツ丼は玉子でとじてなくて、ご飯の上にキャベツとトンカツがそのまま乗っている!

しかも、トンカツには、ケチャップがかかっている!





・・・・って、それ、驚かれても困るんですけど。



さすがに私も東京生活30年、よその県では「カツ丼」と言えば玉子でとじてあることは認識しています。私はタマネギが大嫌いなので、うっかり「カツ丼」なんか頼むと、最悪。
ちなみに、山梨では、こちらでいう「カツ丼」のことは、「煮カツ丼」と呼ぶ。


玉子でとじないなら、何もどんぶりにせず、カツライスでいいじゃん、と言われるのだが、白いご飯にトンカツの油がうっすらしみてるところがおいしいんです。


それはともかく、トンカツにケチャップ、というポイントを全国的に驚かれたことがびっくり005.gif 005.gif 005.gif 005.gif  005.gif
そうなの? みんな、トンカツにケチャップかけないの?




このカツ丼問題の他に、

山梨では一升瓶のブドー酒を飲む!(うちにも、よくあります。そうです、この場合はワインとは言わず、ブドー酒と言います。)

お汁粉状の「あずきぼうとう」がある!(私は食べたことありません。嫌いです。)

フランス料理にもほうとうを使う!(ふつう、使いませんから。)



などなど。




ちなみに、今時の子たちは「○○ずら」なんて言ってないと思う。
[PR]
by dontodon | 2008-08-29 13:21

チビ猫に。

よくコメントをくれるみ茶まま。 2匹の猫がいるのだけど、そのうちの3才のチビ猫ちゃんが、突然食欲がなくなって、たいしたことないだろう、と病院に連れて行ったら、肺に水がたまっていて、治療不能・・・と。安楽死を勧められたのだけど、とにかく連れて帰ってきて・・・でも、どうしたらよいのかわらかない・・との今日のブログだ。


胸が苦しくなる。自分だったらどうするだろう、と考え続けるけど、やはり正解はないんだろうなあ。多分、私は最後を恐れながら、ずっと抱っこするんだろうと思うが、目の前で苦しんでいたら、耐えられないかもしれない。


実は、み茶ままとは、20代の頃に3年ほど一緒の会社で働いていた同僚だ。彼女は私などよりずっと、動物万民にやさしく、飛べない鳩を保護してマンションで飼い続けたり、犬猫どころか、ザリガニや川海老にまで深い愛情をもつ人間だ。数年前にも犬を亡くして、写真入りのメールをもらって、私まで号泣した。

そんな彼女のチビ猫を、神様、どうぞ救ってください。
よかったら、みなさんも、一緒に祈ってください。
[PR]
by dontodon | 2008-08-27 23:24
デブ デブ と言われて続け、もはやアザラシにしか見えない(@ラク太母さん)どんとであるが、ほんとにそんなにデブなのか? 松坂慶子が、よもや自分は太い、などという認識がないであろうのと同様、どうも今ひとつデブの認識に欠ける飼い主である。


だって、上から見たら・・くびれがあるんですもの。


f0106884_158571.jpg







しかーし・・034.gif

ウエストのくびれって、相対的なものですよね。マライア・キャリーなんて、ウエスト計ったら絶対70センチ以上あると思うが、全体にグラマーで胸もお尻もどっかん! だから、くびれてみえる。
どんとの場合も、胸だの尻だのが立派だから、くびれがみえるだけなのかも、という気もする。
って、そもそもこの程度は「くびれ」と言わないのか?
[PR]
by dontodon | 2008-08-24 15:14

オリンピックメモ。

もうじき、オリンピックが終わってしまう。さびしい。
今回は、ホントによく見ました。夏休みは本当は那須に行くはずだったのに、あっちには小さいテレビしかないため、私はパス。ずーーーーっと家にいて、オリンピックを見ていた。長い人生で、これほど長時間テレビを見たことはない。

なので、自分のためにメモを。


一番感動したのは、柔道の塚田真希ちゃん(ちゃん?) 決勝戦で負けても、表彰式であれだけニコニコすばらしい笑顔ができるのは、ほんとに力の限り頑張ってきたからなのだろうなあ。単純な私は、あの真希ちゃんをみて、自分も仕事がんばろう、って思った(高校生並だ。)
彼女とは友達になれそうな気がする。ママだから銅のヒトとは仲良くなれそうにないけど。

女子マラソンは、いろんなところでそろそろ批判が出始めているけれど、野口みずきのコーチ陣と陸連が悪い。オリンピックの切符は個人のものではないはず。なにも、直前に補欠を解除する必要はなかった。野口さんも、補欠の子も、それ以外の出場を争っていた子も、みんな気の毒。

シンクロは、ああいう競技なのだろうけど、私はあのカクカクした動きはどうしてもダメ。それヘンでしょ?って注意したくなるけど、違うんでしょうね。すみません。素人が。

柔道の石井くんはお馬鹿でいいなあ。解説の篠原サンが「彼はしゃべらない方がいいですね」っていうのに爆笑した。篠原さんも好き。アナウンサーが外国人選手について「彼のように大きいと、対戦するほうは大変ですよね」と言ったら「大変は大変だけど、僕は勝ちましたよ。僕の場合は技が切れてましたからね」って。すっとぼけていて、タイプです。


仕事の合間に書いていたら、時間がなくなってやばいです。また続きはあとで。






と、日付も変わり・・・メモの続き。



柔道見るの大好きなので、国内の大会でもテレビでやっていると必ず見る。
ずっと以前からオリンピックの柔道は、もはやレスリング。日本人に一本取らせないための外国人のレスリング柔道は、谷なんかも一緒で、なんだかつつき合っているような組み手争いは、見ていてうんざりする。だが、これは柔道が国際化してしまった以上仕方のないことかも。

私が最も嫌なのは、一本取ったり勝ったりした瞬間に、ガッツポーズしたり飛び回ったりすることだ。今回の谷本も、すごくいい柔道だったのに一本の瞬間、ピョンピョンはしゃぎ回って、見苦しい。過去に金メダル取ったときの谷も同じだったし(どれだけ谷が嫌い?) 皆おしなべてガッツポーズして天を仰いだりする。

剣道では、ちょっとでもガッツポーズなどしようものなら、一本が取り消しになる。こぶしを10センチくらい上げただけでもダメ。武道は本来、相手の命を取ることを目的としていたもので、命をもらう相手に対する最低限の礼儀が必要だ。少なくとも、コートを下りるまでは、礼を尽くしてほしい。 引退する1年前くらいから、井上康生はそのように改めていた。でも負けちゃったけど。




さて、ソフトボールは感動でした。女子サッカーもそうだけど、選手が、小さい時から男の子と
一緒に遊び回っていて、そのまま大きくなったようなさっぱりした子ばっかりで、大好き。
息子が「こういう女の子っていいよね。女は顔じゃないよ」と言うので、「そうだよ、結婚相手も顔で選んじゃだめだよ」と言ったところ、「それは話が別なの。なにごとも適材適所ってことで」 とのこと(違!)



ソフトボールに比べて、野球の覇気がないこと。星野さんて、選手に慕われてないんじゃないかって気がする。
男子400メートルリレーは、本当にいいもの見せてもらいました。おめでとう。


最終日にはマラソンよりに駅伝やれば盛り上がるのに、と思う。


以上、メモおわり。スルーして下さい。
[PR]
by dontodon | 2008-08-22 12:45

いろんな夏

息子が那須で山ごもりするのに付き合い、仕事の合間に東京と行ったり来たり。首都高5号線が、例のタンクリーリー事故で通行止めになっているため、色々なところに影響が出て渋滞だ。たった一人の不注意の為に、本当に迷惑。

もちろんどんとはずっと那須で、ごきげん。




この大笑いは、犬としてどうかと思うが、まあなによりです。



f0106884_1051026.jpg





f0106884_10515186.jpg














行ったり来たりの合間に、赤塚不二夫さんの通夜に行った。
喪主のご挨拶文と共に、一枚のカードが。


f0106884_10463322.jpg



f0106884_10472267.jpg






合掌。
[PR]
by dontodon | 2008-08-09 11:00

この夏も越せそう。

朝日新聞夕刊に連載しているエッセイで、三谷幸喜が17歳の老猫が死んだことを書いていた。目も耳も悪くなっていて、近年はぼけていろんなところで排泄するようになり、体重も2キロくらいになっていて、かなり前から最期は覚悟していた、ということだった。


それを読んでうれしくなる根性悪の私。銀次は20才4ヶ月だけど、まだテーブルにも飛び乗れるし、目も耳もたぶん大丈夫だし、体重も4キロだし。

銀次はいつも2階のリビングで過ごしていたが、しばらく前にリビングの模様替えをしたところ居心地が悪かったらしく、今は私のベッドで一日の大半をすごしている。夜寝るときも、私の枕元で、一緒の枕に頭を乗せてくっついて寝ている。


f0106884_2159157.jpg




f0106884_21584528.jpg






あんまりベッドにばかりはりついているため、ご飯もベッド脇に出前したところ、なんだかすごく食べるようになった。したがって、うんちも、立派なものを堂々としている。この期に及んで?



f0106884_2203279.jpg








私が銀次に、「あと5年は頑張ってね」と言っていると、息子は「それはあんたの都合でしょ。銀次にとっては、ものすごく迷惑だと思うよ。あと5年~? 勘弁してよ~ と思うと思うよ。」 って。まあ、そうかも。




f0106884_225262.jpg







ああ、何歳になってもかわいい!  
[PR]
by dontodon | 2008-08-01 22:06

犬猫馬鹿息子とのバトル生活


by dontodon