どんとがうちにやってきた

dontodon.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

週末はこんなことを・・

私の客の中で、ダントツにやっかいな人がいる。

60代女性、独身。親が超金持ちで、本人も「採算度外視の社会的に有意義なお仕事」をしてきた方。若い時はさぞ美人だったろう・・マスコミにずいぶん取り上げられたこともある。

これだけで、やっかいさがわかりませんか?




Feeの発生しない依頼ごとばかりなのだが、もう長い付き合いで、腐れ縁と思って諦めている。うちのスタッフからは、「嫁仕事」と呼ばれています。

彼女のすごいところは、私をしてさえ、そのように諦めさせるほどの


そこをなんとか力だ。


どんなに理不尽なことも、そこはなんとか! といって、押し通してしまう。

たとえば・・

最近、超豪華億ションをお求めになったのだが、竣工して実際の部屋に入ってみると、思った通りの景色ではなかったんですね。それ、しょうがないと思うのだが、彼女、マンションの販売会社に、
「こんなはずじゃなかった。他の部屋と交換して!」と要求し、まあそこまではいいとして、「こんなことお願いしなくちゃいけないこと自体、すごくイヤなことなの。そんなイヤな目にあったんだから、他の部屋の代金、2000万値引きしてちょうだい!」と、それはもう泣くは喚くは、で、私は「値引きの根拠ないと思いますけど・・」と言っていたのですが、結局思った通りの値段にさせました。

あっぱれ。


要するに、相手がめんどくせーと思って、言うとおりにしてくれてしまうわけですね。


とても勉強になりますが、真似はできない。





さて、その彼女が、希望通りの超豪華億ションに引っ越し、その引っ越しもバーチャル嫁である私が手伝い、家具などの買い物も付き合うはめになりました。休日に!

食器棚を買うために、置き場所の寸法を測ると、139センチ。二人で計ったので、正確です。横は壁と冷蔵庫なので、1㎜の余裕なく、139センチ。

家具屋に行き、まあ色々みて、彼女が唯一気に入った食器棚があったのだが、寸法142センチ。




「残念ですね、入りませんね」と、当然言うわけです、私。

ところが彼女が言うのは、



大丈夫、きっと入るわ




はい?


1㎜も余裕なく139センチだっこと、ご存知ですよね。でも言うんです。きっとなんとかなると思うの



はい?



どんなに「そこをなんとか」って言っても、冷蔵庫も壁も、引っ込んではくれないと思うのです。

それなのに、なんか、私がすごく間違っているような気にさせられるところが、また彼女のすごいところで。



それから彼女に納得させるための紆余曲折は、自分で自分を誉めてあげたい。が、なぜ私がそうまでして彼女を説得しなければならないのか、やはりよくわかりません。


わたくし、ずっと、仕事やめたい~~ と言い続けているのだが、理解してもらえるでしょうか・・
[PR]
by dontodon | 2010-04-20 23:39

動物手当が欲しい。

今日は、どんととぺんぺんを連れて病院に行く。

どんとは、狂犬病注射と、年に1回の血液検査と、ついでにフィラリアの薬ももらう。
血液検査の時は、手に人間と同じようなゴムバンドをして、血管から採血するのだが、そんなこと、普通の犬が我慢できるのだろうか? どんとは、看護師の若いお姉さんにきつく抱きしめられて(←もちろん、動かないように、ですが)、それが嬉しくて恍惚としていまい、難なく終了。アホ? 
診察台の上でへそ天しそうになり、さすがにあきれる。

ぺんぺんはワクチン。お尻のお肉が厚すぎて、注射されたことも気づかず。




しめて、3万円で300円のおつり・・・ 


とても、そんなにお金がかかっているとは思えないような貧乏くさいメンツだが。

f0106884_23352493.jpg




銀次は、病院に行くこと自体がストレスなので、もうワクチンは打たないことにした。



死んでる? みたいな格好で寝てるので、ぎょっとする。

f0106884_23453699.jpg



よく見ると、股の間に手を挟んで可愛く寝てるんだが・・








※バックの写真を変えてみた。話題のアイスランドなので。噴火で大変なことになってますね。
6月にヨーロッパに行く予定なのだが、それまでに収束するのだろうか? 
[PR]
by dontodon | 2010-04-18 23:47

銀ちゃん おめでとう~

銀ちゃん、今日で


22歳


になりました! すごいっ

あと1年頑張ろう~ と声かけていたら、息子が

それは、あと700回ほどおしっこの始末をしなければならない、ということですね

と。・・・そう、銀ちゃん、一日2回、家のどこかに大量のおしっこをしてくれています。時々うんちもあります。

うんちが「時々」なのは、おそらく馬鹿犬が始末してくれているのだと思います。

ビバ! 我が家的生態系!

家のあちこちに、あらゆる種類の消臭スプレーやティッシュや雑巾やトイレお掃除シートが散乱するに至った我が家だが、一日2回、猫のおしっこの洗礼を受けると、それはもうすごい臭いになる。


でも、いいの。おしっこが出るのは元気な証拠。たまに見かけるうんちも、立派です。よく食べるもん。





銀次の誕生日には、色々ご馳走食べさせようと思ってたのに、延々と事務所で仕事していてまだ帰れない。今日中になんとか写真とって、アップしなくては・・
[PR]
by dontodon | 2010-04-08 19:46

桜の下で春死なむ

3ヶ月ぶりくらいに訪問したブログでは、猫が膵炎で急逝し、飼い主は大腸癌の手術を受けていた・・・





一昨年、父が急死したのだが、その前日に私は数ヶ月ぶりで実家に帰り、父とお酒を飲んだ。年末だったし、帰る時にはちょっと面倒・・と思っていたのだが、あの時帰っていなかったら、一生悔やんでも悔やみきれなかったと思う。

そのことがあってから、

会いたいと思った人には、その時に会っておく。


「いつか時間ができたら」などと言っていると、ほんと、相手か私か、どちらか死んじゃって、永遠に会えなくなるのだ。

だからというわけでもないのだけど、ブログを通じて知り合ったモッピーさん(リンクしていいのかな?)と、先日会いました。わりとご近所なので、地元のお店ではじめまして。
同じペースで日本酒飲める同年代の女性と、久しぶりに会い、水の如く呑んで気持ちよく酔っぱらう。
いやあ、楽しかったです。





週末の石神井公園


f0106884_234472.jpg



どんと、ここでサクラ見るの5回目だね。


f0106884_2343018.jpg






冬季オリンピックを見ながら、息子に「あなたって、冬季オリンピック、あと5,6回しか見られないんだね」と、しらっと言われ、それもそうだとびっくりしたのだが、桜もそう何回もは見られないわけだ。
[PR]
by dontodon | 2010-04-05 23:08

雨男なので

関東地方、大荒れの本日、息子は入学式だ。

いえ、私はハナから行く気はないので、荒れても何でも構わないんですけどね。

入学式に行かない、というと一様に驚かれるのだが、今はホントにみなさん子どもの大学の入学式に行くのが当たり前らしい。

WHY? 

私だったら、親がついてくるのは絶対嫌なのだが、そうは思わない素直なお子さんも多いんでしょうね。

聞けば、子どもの通う大学の学園祭にも行く親も多く、たぶん私が極端にPTA関連行事が嫌いだからなのだけど(←息子の中高の学園祭も一度も行かずじまい)、なんか違和感。とういか、単に私が時代に合ってないのかも。




とはいえ、先日びっくりしたのは、池袋パルコの男子物売り場で、私と同年齢くらいのお母さんと、おそらく大学入学を控えた男の子が買物してたんですが、

手、つないでる!


要するに、私と息子が手をつないで買物してるようなもので、




世界の終わりが来てもありえない!




うちの場合は偶然手が触れただけでも、息子にとび蹴りされると思う。

息子に話すと、「ツバメじゃね?」 というのだが、どうみてもお母さんぽい雰囲気の女性だし、男の子のほうも、オシャレじゃない系メガネ君だよ。


これはさすがに世の中的にもぞぞぞーーーーっですよ・・・ね? と思いたいです。
[PR]
by dontodon | 2010-04-02 15:22

犬猫馬鹿息子とのバトル生活


by dontodon