どんとがうちにやってきた

dontodon.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

旅立つ前に?

もともと私は何でも捨ててしまう性質なので、うちには「記念」とか「思い出」とかの類の物は全くありません。息子などは、「あまりに何にも残ってないから、オレには小学校時代がなかったんじゃないか、って気がする」 といいます。絵や作文の類はもとより、通知表まで捨ててるもんで(笑)
結婚式の写真など、1枚も残ってません。

だって、イヤなんだもん。物があるのが。


という私ですが、それでも次第に物は増えていくわけで、それがものすごくストレスです。そのため、半年に一度くらいは、発作的にいろんな物を捨てます。

1週間ほど前から、その発作が起きてます。今回は、いつにも増して 捨てたい衝動を抑えがたく、自分でも病気じゃないかと思う。洋服とか、本とか、台所用品とか、食器類とか、既に大きなゴミ袋30個分は捨てたかなあ。


今回の発作が激しいのは、これまで、何十年もの間、どうしても捨てられずに生き延びて来た物たちが、ついに放逐されたこと。



10代の頃の、心の友だった(!)ぬいぐるみ。
(「ライチ」というライオンと、「ひょうた」という豹です 笑)

20代のOL時代に無理して買ったヴィトンのバッグたち。


同じくOL時代に、生まれて初めてローンを組んで買った毛皮。(すみません、そういう時代だったの!)






そして、コレ。



f0106884_20431074.jpg






今からさかのぼる23年前、結婚の時に親が用意してくれたオーブンレンジです。

23年、毎日ものすごーく酷使されてますが、とてもお利口に働いている。色は変色して、昭和の香り漂う風情だが、愛してました。当然捨てられないし、捨てる必要もなかったのだが、さすがに23年は寿命を超えている。いつ爆発するかわからない、というような話も聞き、ついに決心。今なら捨てられる! 発作が治まると、またいつ捨てられるかわからないので、やるなら今だ!


ま、ヴィトンだの毛皮だのは、「高かったから」という理由で捨てられなかっただけなので、勢いがあれば別にどうってことはない。しかし、物に愛着をもたない(ようにしている)私でも、さすがにレンジは辛いです。


ちなみに、ぬいぐるみは、顔を合わせると捨てられないので、入れられている袋ごと、顔を見ずにさよならしました。




レンジの他に、色が気に入らなかったコーヒーメーカや掃除機、息子の部屋のエアコンも買い換え、挙げ句にはシステムキッチンのコンロ部分も取り替えてしまうことにしました。ああ、さっぱり。


捨てたい衝動はまだまだ続く、のですが、これはもしかして、死に仕度? これで私がぽっくり行ったら、きっとみんなで「身の回りを全部始末していくなんて、虫の知らせだったんだね~」などと話すんだろうなあ。
[PR]
by dontodon | 2010-05-26 20:56

迅速解決

あんまり可愛い子だったので、当分いてもらってもいいよね、などと息子と愛でていたところ、

夜11時過ぎになって、警察から電話が!

たった今、110番(!!)があって、飼い主らしい、と。
直接連絡をくれるように言ったところ、すぐ電話があり、ご近所に最近引っ越してきたばかりのおうちでした。
まだおうちを覚えてなくて、帰れなかったんだね。

すぐに連れて行ったら、お父さんとおじいちゃんが、必死の表情で待ってました。ずっと探し回っていたんだそうです。

ものすごーーーーーーく ホッとした様子。可愛がられているのがよくわかりました。



よかったよかった。

警察には届けておくもんですね。




ところで、警察に届けた時に、連絡先として住所氏名、電話番号を書くのは当然として、「生年月日も書いてください」って・・

「なんで犬保護するのに、私の生年月日が必要なんですかあ?」 と声が裏返っちゃいましたよ。


「いや、きまりで・・・」 って。まあいいけど、あほらし。
[PR]
by dontodon | 2010-05-25 01:42
じゃーん!



ついに我が家にも、新入りが来ました!




f0106884_2261396.jpg





















うそぴょーん。


猫の介護で精一杯で、無理だから!




この子、迷子ちゃんです。




今日8時頃に帰って来たのだが、雨の中、家の近くで歩道の真ん中に うずくまる黒い犬。

どうした?


ハーネスはつけているが、リードはなし。暗い道で、濡れたままじっとしている。通る人も誰もいない。

私は両手に大荷物で身動きとれないので、息子に電話してみると、たまたま家にいてくれた。すぐにリードを持って来て、とりあえず家に連れていく。


なすがまま、大人しくて 全身からトホホ感が漂ってます。

タオルで拭いてあげると、真っ黒! 5枚ほどダメにしました。

うちのトホホ犬との対面もすんなり。
でも、銀次が見たらショック死しそうなので、家には上げず、玄関にいてもらうことに。

フードをあげると、びっくりしたことに、一粒ずつ食べます(笑) 




さて、どうしましょう。





とりあえず、近くの交番に行き、迷子犬の届けがないか調べてもらうが、今のところなし。届けがあったら、連絡もうらうことにする。愛護センターはもう時間外なので明日にならないと連絡できない。








とりあえず名前がないと不便、てことで、息子が  デュー と命名。 

don't の反対で、 do。






f0106884_22747.jpg





お母さんかお父さん、早くみつかるといいね。
[PR]
by dontodon | 2010-05-24 22:33
よそさまのブログにコメントを書き込もうとすると、ブログの種類によっては、ひらがなで出てくる数字を打ち込まないと書き込めないものがありますよね。

たとえば、

よん なな ご  に



とか出て、それを数字で打ち込むわけだが、これがうまくできない。何がうまくできないかというと、書かれているひらがなの数字が、ぱっと理解できないんです。
よーく読んで、頭の中で咀嚼しないと、数字に変換できない。


そうかと思えば、新聞など読んでいて、目ではきちんと漢字を読んでいるはずなのに、目から脳みそに至るまでの間に、勝手に変換してしまい、

「一家3人、火事で大やけど」 というのを、

犬やけど

とか読んでるし、「大相撲」を「相模原」を読んで、?? となるし・・




なんか、目と脳みそが、うまくつながっていないんじゃないかと思う。

というか、脳みそが弱ってきている気がする。
[PR]
by dontodon | 2010-05-13 15:31

夜のピクニック (違!

昨夜2時頃、一緒に寝ていたどんとが、うろうろ落ち着かない。ベッドから降りてあっちの部屋に行ったり、戻ってきたり、階段上ろうとしたり、やめたり。

で、枕元に来て、私の「顔」に「お手」をしつつ、

ものすごくってわけじゃないんだけど、なんかお腹痛い気がする。


と言う。(いや、ほんとに。)



まじですか?

仕方ないので、「家の前だけだからね、歩かないからね」と念を押して外に連れ出すが、ずんずん走る僕。あたしゃ、寝巻きだよ。

散歩コースの都営団地まで走り、草むらで催す。場所変えてもう一度。
やっと落ち着いたら、そのままホイホイ散歩しようとしだしたので、引きずって帰りました。



ご飯はいつものだし、他に何も食べていないのだが、原因はわかっている。



昨日の朝出かけるときに、どんととぺんぺんがうろうろしていた1階の南側の部屋の窓は、開けたままにしていた。窓に柵あるし。
夜、帰宅すると、奥からひーんひーんと泣き叫ぶ声が・・


そう、部屋の入口のドアが風で閉まり、どんととぺんぺんは一日中二人でその部屋に閉じ込められていたのだ。陽のあたるいい部屋なんですよ。大型テレビもパソコンも寝椅子もあるし、1週間分の取り込んだ洗濯物も散乱しているし。


でも、どんとにとっては、苦手なぺんぺんと一緒に閉じ込められたことが相当つらかったらしく・・・言ってみれば神経性大腸炎ですね、絶対。


だから、超眠い、今。
[PR]
by dontodon | 2010-05-07 12:45

12DAYS OFF

4月24日から勝手に連休にし、ずっとどんとと那須に。
最初のうちは寒くてストーブが必要だったが、ここ数日は那須でさえ暑い。調子にのって日焼け止めも塗らずに外にいたら、すっかり顔が日に焼けて、湿疹もでて、泣きたいくらいもうぼろぼろ。歳を考えましょう。


連休は那須の中心部はものすごい渋滞になるので足を踏み入れず、買い物や温泉は、反対の白河(福島県です)方面に行くことが多いのだが、今年はいつもより桜が遅かったらしく、今頃になって満開だ。


f0106884_1564698.jpg




川沿いにある公園で、芝生の広場に一面こんな素晴らしい桜。連休のまっただなかなのに・・・人がいない! 

こっちの人って、お花見しないのかしら。

お弁当もって、どんとも一緒にピクニック053.gif


f0106884_15391121.jpg




あとは二度ほど人が来て宴会をしたほかは、あちこち日帰り温泉行って、お酒飲んで、日長だらだらぐずぐず。仕事の仕方なんて、すっかり忘れました。

山のように本を持っていったのに、結局読んだのは、例の1Q84の3巻のみで。(またこれが読むのが辛いほどつまらないんだ。№3は、№1と2の解説本、と思ったほうがいい。)



留守をした12日間、銀次のお世話は息子がしてくれた。朝晩のおしっこの始末がとにかく大変なので、1週間目あたりで電話をしたところ、「そろそろコイツの首しめたくなってきた」と言っていたのだが、それを超えたら「おしっこも単なる水に思えてきた」との境地に達した模様。何事にも成長がある。
おしっこの始末と、ご飯と、一日最低100ストローク撫でることで、銀次手当は一日1000円。高いのか安いのか、微妙な値段設定だな。



さて、明日から社会復帰できるだろうか・・
[PR]
by dontodon | 2010-05-05 15:34

犬猫馬鹿息子とのバトル生活


by dontodon