どんとがうちにやってきた

dontodon.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

締めくくりは、金沢へ。

今年の仕事は22日で終了。

1年間、よく働いたので(あくまで自分比。)、美味しいものを目指して、いざ金沢へ!


東の茶屋のあたり。


f0106884_16484176.jpg



f0106884_16485674.jpg



みぞれが降ったり、雷がなったり、ちょっと晴れてみたり、暴風だったりの大荒れの天気だったので、あまり歩き回る気もせず、宿から歩いて行けるところを、ちょっとだけ歩く。



お泊まりは、浅田屋。一度来たかった料亭旅館です。

f0106884_16544829.jpg



さすがの老舗でした。
ここは温泉ではないので、お風呂は家族風呂しかない。が、料理は最高だし、女将や仲居さんたちの対応をはじめ、ホスピタリティも文句なし、でした。ここは、また行くだろうな。


さわりだけ。これじゃ、なんだかわからないですね。

特別、びっくりするものが出てくるわけではないのですが、ひとつひとつがすごい。

f0106884_042961.jpg





2日目は、「なんで雪の中を観光しなきゃなんないの?」と渋る夫の尻を叩き、雪の兼六園。

f0106884_23594731.jpg




白黒モードで、琴似灯籠。

f0106884_002728.jpg



f0106884_013310.jpg






その後、電車で20分ほどの山代温泉に。

今日の宿は、あらや滔々庵。ちょうど3年前に来た旅館に、蟹を喰らいに再訪です。

f0106884_034883.jpg



蟹づくしのコース。焼き蟹は、陽気な仲居さんが焼いてくれました。

f0106884_041765.jpg





あらや滔々庵は、北大路魯山人ゆかりの宿です。どんな風にゆかりかは、ちょっと面倒なのでパスですけど。


魯山人の描いた烏の衝立。ここの湯は、烏の湯 と名付けられてますので。



f0106884_0195141.jpg



離れのバーは、旧公爵の有栖川氏の別荘。ちょっと一杯、ね。渡り廊下を歩いて、

f0106884_09854.jpg



いい感じのバーに、浴衣で行けるのがらくちん。

f0106884_010372.jpg







3日目は、夕方の飛行機だったので、それまでどこに行くか、悩む。

永平寺は、3年前に雪の中を行ってるし、金沢に戻るのもなんだし。




で、東尋坊に。



f0106884_0224363.jpg
f0106884_023547.jpg


f0106884_0483741.jpg



これより下にも降りていけますが(2時間ドラマなんかで、最後に犯人の主婦が告白したりするところですね)、東京の台風よりは遙かにすごい暴風雨で、100万円積まれても、行きたくない。


こんな大荒れの日にこんなところに来るのは、行き詰まった我々夫婦だけかと思ったが、観光客は、何組かいました。よほど、他に行くとこなかったんですね。




顔、見えないですよね・・  吹きすさぶ風の中、すごいことになってます。全体が黒いダルマみたいに見えるのは、暴風のせいですよ。




f0106884_02472.jpg






東京に戻ると、地面が乾いているのに感激する。

毎日、雪やみぞれが降ったりやんだり、いきなり吹雪いたり、冬でも普通に雷が鳴ったり、傘や長靴が必需品で、たった3日いただけですが、つらかった。

こんなふうに、日本海側は生活するのがとても大変。なのに、ちゃんとビジネスしてて、美味しいものも沢山あって、素晴らしい文化も守っていて、日本てすごいなあ、と小学生のような素朴な感想を抱いた旅でした。






※今回の成果※

加賀塗りの漆器と、山代では久谷の窯元、須田青華(魯山人が師事した陶芸家で、現在4代目。)をいくつか。
[PR]
by dontodon | 2010-12-28 17:14
北海道から、今年もやって来ました、立派なこの子。


f0106884_16283520.jpg




去年、息子にさばかせるために、立派な木屋の出刃包丁を買い与えた。



役に立つねえ、今年も。


f0106884_16285733.jpg




二度目になると、心なしか腕も上がっているような気がする。

ああ、文字通り、バカと包丁は使いようだ。




こんな風になりました。パチパチパチ。


f0106884_16291364.jpg

[PR]
by dontodon | 2010-12-28 16:33

兄弟みたいに

種を超えて、そっくりな二人。

f0106884_21575758.jpg



いよいよ寒くなって、1階廊下の床暖房は犬猫のためにつけっぱなしになった。だから、全員がこのように廊下で伸びています。ガス代が怖い。




今年もあと10日。

先月から、私は気が狂いそうに忙しい。どうしてみんな、「今年中に・・」とか仕事を依頼してくるんでしょう。
今日は明日に続いていき、今年は来年に切れ間なく続くんだから、歳超したって、別にどうってことないのに。
「今日中に連絡をとりたい」なんていう人ばっかりなのだが、今日じゃなくてもいい連絡ばかり。
一日伸びたて、死にゃしませんて。。

おかげで、今月、夕飯を作ったのは2日だけだ。今日も息子ととんかつ屋

過労死しても自営業者には労災はないので、文句言いながら、なんとか踏ん張って働いています。

ヘロヘロになって玄関を開けると、猫×3 + 犬 が全員で盛大に出迎えてくれて、ホントに和みます。
私の業界の男性たちは、ストレス発散と称してキャバクラなどに通いつめるのが多いのですが、私にとってのキャバクラは犬猫だな。

そう考えれば、軽い気持ちで計算したところ、すごい金額になって、ちょっと気が遠くなった今年の動物病院代なんて、ちょろいもんです。
[PR]
by dontodon | 2010-12-20 22:08

枕を返せ

寝苦しくて、夜中に目が覚めた。

起きあがると・・私の枕にはチビ二人が。


私は、枕のはじっこに、かろうじて頭を乗せているわけね。


f0106884_2152193.jpg





布団の中には、どんとの大きなお尻。


f0106884_21523936.jpg




なんだか肩こりがすごいのは、こうなっているからだ。

獣臭い私のベッド。(どんと、夏から洗ってないし。)

喘息の人などは、見ただけで発作が起きそうだと思う。
[PR]
by dontodon | 2010-12-15 21:58

再びの北海道

金曜日は仕事で札幌に出張。昼過ぎに着いたので、ビリーママさんお勧めの回転寿司に行く。人気店で、30分待ちだったが、美味しくて、何より安かったなあ。仕事前なので、アルコール抜きなのがつまらない。

その後の仕事は、前回に引き続いての交渉事なのだが、今回は強引に早く終えてしまい、夜は大通り公園のイルミネーションを見に、町を歩く。

f0106884_21561177.jpg


f0106884_21563161.jpg




時計台に

f0106884_2157965.jpg



道庁

f0106884_21575243.jpg






翌日は、夕方の飛行機だったので、一日オフ。

旭山動物園に行こうか、とも思ったのだが、なんだか天気が荒れそうなので、電車で30分ちょっとの小樽にでも行くことにした。
たぶん、大学生の頃に行ったことがあるとおもうのだが、全く覚えていない。


まずは、にしん御殿のある、祝津に。



水族館も、本家鰊御殿も冬は休館で、唯一開いていたのが、やはりニシン御殿の青山家別邸。

中は撮影禁止だったのだが、まるでお城だ。

でも、お金があっても寒かっただろうなあ。


f0106884_21474316.jpg
f0106884_21481220.jpg





海はうら寂しい。ひゅーるりーです。

f0106884_21484712.jpg
f0106884_2149240.jpg



何十年か前までは、ここでニシンが大量に上がっていたんですね。

f0106884_21493349.jpg





その後、小樽の中心地に戻る。

小樽運河の倉庫を改装したカフェなど、せっかくおしゃれなのに、旗とか看板とか、どうして出しちゃうかなあ。

f0106884_21494736.jpg




歴史的建造物であろう、由緒正しき「小樽商工会議所」の建物に、こんな「売」看板が出ている。

これが小樽の現状なのだ。

f0106884_21501661.jpg





ウニだのいくらだのをたんまり買い、今回は、楽しい出張だったのだ。
[PR]
by dontodon | 2010-12-13 22:07

デジカメnew

ようやくデジカメ買えました

リコーのcx4 というので、なぜかと言えば、向井理くんがCMやってるから!

ここ10年位の男子の中で、ダントツに好きです、向井くん。新型フォレスター買いたくなるほど。




お手並み拝見・・というほど、使い方がわからないので、どう撮ってもかわいい むにちゃんを。


f0106884_2128759.jpg


f0106884_2129017.jpg





いろんな撮り方ができて、これは、ミニチュアっぽく撮るモード。

週末、仕事でまた札幌に行ったのだが、ホテルの窓から札幌の町をこのミニチュアライズモードで撮ったら、こんな感じ。確かにちょっと、ミニチュアみたいだ。




f0106884_21372857.jpg



f0106884_21464755.jpg



f0106884_21453024.jpg

[PR]
by dontodon | 2010-12-12 21:32

まー の事情

デジカメが壊れていることを言い訳に、更新を怠っています。すみません。


今日は、まーのこと。



むうがFIP(伝染性腹膜炎)で突然死んだとき、慌てて まーの詳しい血液検査をした。

その結果は、やはりコロナウィルスの抗体値は3200と極めて高く、さらに肝臓の数値が、通常値の10倍くらいの数字。

ここで少しだけFIPの話をすると、FIPというのは、多くの猫が持っているコロナウィルスというウィルスが体内で突然変異したときに発症する。
コロナウィルス自体は、猫の半数以上が持っているといわれていて、弱毒性で怖くはない。罹ったときに、少し下痢をする程度で、猫によっては何の症状もない。
通常の血液検査では、コロナウィルスの抗体値など測定しないので、自分の猫がコロナをもっているかどうかなど、最後まで知らない人が殆どだと思うし、私もそうだった。だから、もしかすると、銀次やぺんぺんも、コロナは持っていたかもしれない。

この、さほど怖くないコロナウィルスが、猫の体内で、何かのきっかけで変異すると、伝染性腹膜炎という全く別物の、致死率100%とも言われる病気になってしまうのだ。
そのきっかけははっきりとはわかっていないのだが、ストレスが一番の要因、とも言われている。特に、極端な多頭飼い現場などで、猫が強いストレスを感じる場合などに、起こりやすい、というのが定説。


そこで、まー。(何度書いても、間抜けな名前!)

コロナウィルス抗体値が3200というのは、残念ながら非常に高い数字だ。おまけに肝臓の数値も極端に悪いというのは、可能性としてFIP発症の虞れが大きい。
ただ、この数値も変動しやすいので、一喜一憂せずに、全身症状を見るように、というのが現在のまーの状況。

まーにストレスが加わったら、FIPになっちゃう!! と震え上がったうちの家族は、それゆえ、まーが何をしても怒れないことになった。ストレスを与えないように。

その結果どういうことになっているかというと・・・



まーは、やりたい放題の、とんでもない猫になりつつある。




ご飯は、ぺんぺんの分も、むにの分も、とにかく全部一人占め。まず他人の分を食べてから、自分の分を食べる。勝手な奴の基本ですね。
それでも足りずに、私の顔をみるたびに、めしー めしー  と要求する。

台所は、どんとと一緒になって荒らし、ゴミ袋を漁るのはもちろん、買ってきたお肉や魚のパックなど置いておこうものなら、パックごと咥えてラップを引きちぎり、貪り食う。


人間がご飯を食べていると、ほれぼれするような光速の速さで、箸からおかずを掠め取って行く。


その結果、一日、10回くらいウンチをする。

うちは、3匹の猫なので、トイレも3箇所にあるのだが、その全てを縦横無尽に汚して、ぺんぺんたちはうんざり。



さすがに我々の食事の時は、テーブルの上で暴れまくられて食事どころではなくなるので、仕方なく人間のトイレに入ってもらっている。(リビングに置いてあるケージだと、出すまで騒ぎ続けて、かえって大変なことになるんです。)
息子の部屋に入れていたら、「カバンに脱糞され事件」があったので、息子の強い要請でトイレに入っててもらうことになったのだが、

昨日は、そのトイレでも脱糞されてました。

理由はわからないが、壁にまで飛び散る茶色いもの・・ たぶん、砂をカキカキするつもりで、その物自体をカキカキしたのではないかと思う。

銃殺だ!


と呻きながらも、ウンチ掃除する夫。

それでも怒られず、甘やかされ放題のまー(笑)


ちょっとでも誰かが声を荒げようとしようものなら、

ああ、まーにストレスが・・・(((((゚ロ゚屮)屮

てなもんです。まーにとっては、むうが死んだことで、棚からぼた餅。







でも、息子からは、お前の名前は、ウンコだ。

といわれ、ウンコと呼ばれています。
[PR]
by dontodon | 2010-12-03 13:07

犬猫馬鹿息子とのバトル生活


by dontodon