どんとがうちにやってきた

dontodon.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

節電ファッショ

このご時世にこんなことを書くのは勇気がいるのだが、

我が家の電気代は、夏冬のエアコン最稼働期だと4万円近く、エアコンを使わない春秋でも2万円を切ることは滅多にない。

広くもない、普通の2階建て。家族は3人で、しかも全員昼間は留守がち。

それでこの電気代・・・・って、あり得ないですよね。

でも原因は、わかっていた。

一つは、家中が白熱灯で、しかも全てこまごましたダウンライトであること。数えてみたら、50箇所以上だ。

もう一つは、洗濯はほぼ全て全自動で乾燥までかけてしまうこと。



はい。非国民です。




非国民である以上に、この電気代は老後は絶対支払えない。




と思って、思い切って、先日全ての白熱灯を、LEDに替えました。

今、LEDもずいぶん進化しているので、明かりの感じは、白熱灯と全く変わらない。調光付きのものもちゃんとある。

LEDは暗いと言われていたが、そんなこともないです。


ついでに、エアコン3台を、最新式のエコナビ君に替えました。もう10年以上使っていたので、まあ替えどきでした。

洗濯も、めんどくさいけど、極力乾燥機はかけないように、一応気をつけてます。





これで、我が家的には、おそらく昨年比30%以上は節電達成したと思うので、すみませんが、クーラー遠慮なく使わせてもらいます。 


正論で抗議しないでね。だって、どこもかしこも節電ファッショでこんなに暑いと、ただでさえあるのかどうかわからないような労働意欲が、^全くなくなるんだもん。











話は変わって、昨日は馬鹿息子君の21才の誕生日でした。

ケーキは、彼のリクエストで、高野のいちごパイ。小さい時から一番好きで、必ずリクエストはこれだ。



f0106884_2044215.jpg





多感なころは、 ↑ こういうことをすると、うざいからやめて



などと言っていたが、軽く鼻で笑えるようになったのは、大人になったってことね

ローソクももらって来たのに、それは断られました。

あと一歩だな。



 
[PR]
by dontodon | 2011-06-30 20:41

戦いは続く

THEドラ は、やはり雄で、去勢手術してもらい、今朝退院してすぐリリース。

捕まったとき暴れに暴れたため、顔が血だらけになり、ひどい形相。これも手当してもらったが、擦り傷だから、どうってことないそうだ。でも、ごめんね~。



f0106884_9471137.jpg





こいつ、ずいぶん前から見かけていたので、こいつの子どもらが結構いるはずだ。一応、元から断てたかなあ。


本命のミケ2号は相変わらず現れず。

戦いは続きます
[PR]
by dontodon | 2011-06-23 10:00
朝一番で、ミケ1号を引き取りに獣医のところに。




お腹に4匹の胎児がいました(泣) 卵大のもの4つ、見せられました(号泣)。

仕方ないとはわかっていても、ごめんね~。
「まだ命にはなっていないから、と思うように」と獣医に言われました。


ワクチンとノミとりもしてもらって、いっちょあがり。

経過も天気もいいので、家に帰ってすぐにリリースする。




さて、次は問題のミケ2号だ。




朝から捕獲箱を置くが、全く気配もなし。

朝入れた餌は、夕方までそのままだ。



夜、再び餌を変えておく。





と、夕ご飯を食べていると、トラップの閉まる音!!




やったー!  と駆け寄ってみると・・・








そこにいたのが、ミケ2号ではなく、時々姿を見せていた、THE どらねこ。




雄か雌かもわからない。暴れまくり。大きいから、いっぱいいっぱい。




このドラ猫、うちの猫たちはみんな怖がって、こいつが通ると、恐ろしくて窓辺から見ることさえできず、部屋の奥から、腰引けながら見ている、貫禄のヤツだ。顔つきから雄だと思うのだが、わからない。




うーん。どうしよう。

なんだかうまく判断できないが、やっぱり、こいつもやっとくべきなんでしょうねえ。明日、獣医のとこに持ってくか・・







こうなると、色々考えてしまう。


どの程度の自治体にある制度なのかわからないが、私が住む練馬区は、地域猫活動を推奨していて、区の登録ボランティアになると、自宅周辺の担当地域の猫に公認で餌やりをし、避妊・去勢手術を行う活動をする。その場合の手術代ほ、雌が1万円、雄が5000円だが、安いとはいえ、この費用も毎日の餌代も、ボランティアの自腹。

登録しないで、私のようなことをすると、本来なら家猫と同じ値段なのだが、今回は地域猫活動の協力獣医に頼み込んだので、家猫の半額でやってくれた。雌の場合、家猫だと3万円なので、半額の1万5000円。練馬区は、家猫の場合には、避妊手術に3000円、去勢手術に1500円の補助が出るので、これを使って、結局雌が1万2000円になる。
この他に、ワクチンとのみとりもしてもらったので、全部で1万8000円だ。

金銭面では、ボランティア登録したほうがマシだとは思うが、行政の監督下に置かれるのは、なんだか嫌だなあ。




それに、地域猫活動といっても、理解のある人ばかりではなく、猫嫌いの人の憎悪を駆り立ててしまう危険があるため、ボランティアの方々は、ひっそりと目立たぬように活動をしているらしい。そうなると、寄付も集められないため、結局全部自腹でやり続けなければならないわけだ。

手術費用だけでなく、毎日の餌代も相当な額になるはずで、一度はじめたら待っている猫がいる限り止められないわけだから、私の無限三毛地獄どころでない、真正無限地獄に陥ってしまう。




などということを考える夜でした。

裏口では、まだドラが暴れています。ごめんよ~。
[PR]
by dontodon | 2011-06-22 00:03

影武者か

本日、怒濤の4本目アップ。

そう、言わなくてもわかると思いますが、仕事からの逃避です。





・・・・



さて、2ヶ月ほど前から、庭に出没するようになった1匹の三毛猫。朝晩ごはんをあげているが、警戒心が強くて、窓越しにそーーっと見るのが限界。

でも、三毛ということは、メスだ。季節は春から夏への、おそろしい繁殖期。これは、避妊して頂くしかないと思い、でも目が合っただけで逃げられてしまうので、手で捕まえるなんぞ夢のまた夢。

そこで、ネットをたどって地元の地域猫活動をしている方を探し、近所で捕獲箱を貸してくれるところや、野良猫の避妊に理解のある獣医を教えてもらう。捕獲の方法もアドバイスしてもらい、さらには、ちばわんで同じく地域猫活動をしているベテラン老師にも情報を色々もらって、いざ実行だ!



紹介してもらった地元獣医から捕獲箱を借り、土曜日から仕掛けていたが、捕獲箱を置いたとたんに、三毛は全く姿を見せなくなってしまった。さすが。


何日もごはんを食べられないままなのは可愛そうなので、3日目になる今日もダメなら、一旦はあきらめ、もう少しなじんでから再挑戦しよう、と考えていた本日の朝、


かかりました。



f0106884_23492145.jpg





よほど空腹だったとみえ、かかってからもごはんを食べ続けている。

すぐに獣医のところに運び、あーー、一安心だ~! 神様、ありがとう~!
























と神様に深く感謝して、仕事に出かける準備をしていると、うちの猫たちが、なんだかかまびすしい。

鳥でも来た?  と庭を覗くと・・













三毛じゃん!











目の錯覚かと思いました。






要するに、うちには、2匹のミケがごはんを食べに来ていたわけですね。それを、私も家族も1匹だと思っていたわけで、だって、外にいる三毛なんか、区別つかないよ~





三毛1号は、明日の朝迎えに行くことになっているのだが、リリースするまで1日くらいはケージの中にいてもらい、その間に、再度 三毛2号の捕獲にトライするしかないわけで・・


無限三毛地獄。








地元の地域猫ボランティアの方にメールで報告したら、

そうやって、どんどんボランティアの深みにはまっていくんです、とお返事もらいました。




明日、三毛2号が無事に捕まりますように。みなさまの念力を!
[PR]
by dontodon | 2011-06-21 00:02

天罰にしては、汚い。

オペラだ~? 歌舞伎だ~? ふざけてんじゃないよ、国中が大変な時に、コイツ、むかつく~ と思われた多数のみなさん。みなさんは正しいです。だから、ちゃんとバチがあたりました。

歌舞伎の後、お銀座のおされなお紅茶屋でゆっくりお茶などして、帰宅したのが8時半。





そこで私が目にしたものは・・






台所中に散乱した大量の生ゴミ。

そして、台所前の廊下一面に広がる、およそ3回分はあると思われる大量のウン○たちと、バケツをぶちまけたかのような、おしっこの海。勢いよくぶちまけたとみえ、壁にも飛び散っております。


ああ、神様ごめんなさい。遊んでないで、働きます・・

でも、こんな形で警告?




生ゴミとウン●のダブルパンチは、はじめてだ。わーい、何事であれ、はじめてというのは新鮮だい。

もちろん、どんとは夕飯抜きだが、特に文句も言わず、そもそも食欲ないみたい。

おまけに、まーも、全然食欲ないみたい。



なるほどね・・








まあ、普通のお宅であればもっと大事件だったろうが、うちでは日常茶飯事といえば茶飯事なので、写真撮る気もおきず、30分かけて掃除しました。
[PR]
by dontodon | 2011-06-20 23:38

6月大歌舞伎 

本日、6月大歌舞伎。


まずは、染五郎、孝太郎、愛之助らで、「頼朝の死」。

頼家の染五郎は、活舌が悪いし声量がないし、と思っていたのだが、なんだかとても良くなっていて、驚いた。
こんな素人に言われたくないでしょうが、いいかも、染ちゃん。

愛之助は、つい先日見に行った、藤沢周平映画「小川のほとり」の試写会で、東山君と並んで舞台挨拶があったのだが、東山君に比べると、気の毒なくらいお顔が大きくて、映画向きではなかったです。
が、歌舞伎の舞台では、映えます。


続いて、吉右衛門で「梶原平三誉石切」。

吉右衛門さんは、きれいだし、貫禄あるし・・。途中、セリフがこなれすぎてて、何言ってるのか全然聞き取れなかったですが、でもいいです。



f0106884_13231623.jpg





そして!



仁左衛門と彼のお孫ちゃん(孝太郎さんの息子君)との、連獅子。



f0106884_13233766.jpg



お孫ちゃんの千之助君が、素晴らしい!


まだ11歳なのだが、よくある歌舞伎のお子様の学芸会、ではなくて、立派に見せる芸になっている。
それどころか、ちょっと鳥肌立つくらい・・客席が驚きでざわざわっとするくらい、踊りがいいんです。
身体能力が高くて、身体がぶれない感じ。なにより、本人が楽しくてたまらない様子が、伝わってくる。


おじいちゃん(と言っても、素敵なんですけど)も、嬉しそうに、獅子の首振り頑張ってましたが、もちろん孫のスピードとキレにはついていけなくて、首、大丈夫ですか? 仁左衛門さん。



千之助君、きっと将来の大スターになると思います。
お顔も愛嬌があって可愛いし。

おばさん、応援します。





終わった後、ご一緒したご夫婦が孝太郎さんと知り合いで、楽屋に連れていってもらった。
千之助君も一緒の楽屋で、浴衣にパンツ姿でお化粧落としてる最中なのに、正座して、お客さんたちに何度もお辞儀して、いじらしかったです。


歌舞伎の楽屋、もちろん初めてなんですが、入り口に下駄箱があって、名前が書いてあり、

仁左衛門さんのお靴は黒い皮で、上等そう。

吉右衛門さんは、意外にラフな皮のスニーカー。

愛之助さんは、舞台挨拶のときの私服も奇抜でおしゃれだったが、靴もブーツでやっぱりおしゃれ・・




て感じで、写メしたかったが、さすがにやめました。
[PR]
by dontodon | 2011-06-19 12:50

鰻のちオペラ

17日の金曜日は名古屋に出張で、仕事自体は1時間ちょいで終わったので、新幹線に乗る前に、名古屋駅隣接の名鉄デパート、レストラン街にある「まるや」で、ひつまぶしを食べる午後3時。
食べログで高評価だった店で、とっくにお昼の時間を過ぎているのに、店の前には10人ほどの行列だ。


このために、昼ご飯も抜いた。

仕事もまずまずだった。


なので、まずは肝焼きでビール。そしてひつまぶし。 
名古屋は、関西風の蒸さない焼き方なんですね。うなぎの外はカリっとしている。
お茶碗3杯分、しっかり食べて、幸せ~。


お店のHPからお借りしました。
f0106884_13354929.jpg



私、小さいときから、うなぎが何より好きです。

かつて妊娠したとき、気持ちが悪くなるような悪阻は全くなかったのですが、その時期、とにかくうなぎのことしか考えられず、1週間のうち、6日、一人で鰻屋に通いました。1日2回行った日もあった。それが私にとってのつわり。
そのくらい好き。

肝焼きにうざくに、冷酒・・て具合に、一人でもお酒飲めちゃうのが、鰻屋のいいところで、居酒屋に一人で行くのは嫌だが、なぜか鰻屋は平気。まあ、そんなことが平気なのは、歳とった証拠なんですが。





さて、満腹で新幹線に乗り、東京駅からそのままNHKホールに行く。

メトロポリタンオペラ 「ラ・ボエーム」だ。

ネトレプコを聴こうと、この日にしたのに、直前になって彼女は「原発が怖いから行かない」と言い出し、代役はバルバラ・フリットリ。

その前に、指揮者は「健康上の理由」ということで、レヴァインからファビオ・ルイジに変更になっていたが、私はルイジの大ファンなので、それはよし。

でも、ネトレプコは、もう二度と聴いてやらない。


f0106884_13313820.jpg





演奏自体はよかったし、ゼッフィレッリの演出と舞台は評判どおりだったが、ラ・ボエーム自体、プッチーニとしては地味な話なので、なんとなく盛り上がりに欠け、一緒に行ったHちゃんと二人で、「うーん・・これが6万4000円か~」と苦笑いしつつ、新宿の居酒屋で毛蟹など喰らって、長い一日を終える。



日本で見るオペラ、とにかく高いです。そんなお金があるなら、義捐金に回せ、という声が聞こえてきそうなんですが、震災前に買ってしまったチケットなので、お許しを。
[PR]
by dontodon | 2011-06-18 12:50
甲府の実家に帰っていた私に、昼頃夫からメールが。

むにちゃんが、朝から何も食べない! 心配!




(朝からって・・朝ご飯一回食べなかっただけじゃん 笑)


しかも、私はそのわけを知っている。





昨日、私は自分のお弁当を作った。豚の生姜焼き3枚。
お弁当箱につめ、冷ますために下駄箱の上に置いて(←ここが大きく間違ってます)、私は洗面所で化粧なんぞをする。




はっ!


と思って玄関に飛んでいくと、下駄箱の上には、まーとむにが居て、まさに まーが弁当箱からお肉を引っ張り出して、喰らわんとするところだ。

わーーー でも、見なかったことにしよう! とまーの口から肉を取り上げ、弁当箱に戻す。



ここで、9割くらいの方は、げっと引きましたよね。いいの、いつも まーに散々顔を舐められているんだから、同じなの。






さて、お昼。お弁当箱を開けると、どう見てもお肉が2枚しかない・・。


まーの前に、既に1枚食べられていたのだ。


むにに。







七味唐辛子のかかった、生姜焼き一枚を食べたむにちゃんは、おそらく気持ち悪くなったのか便秘になったのでしょう。

翌日の朝ご飯抜いたのは、そんなわけに決まっているのだ。


案の定、その日に夜は何事もなく完食してましたから。






f0106884_220129.jpg



f0106884_2202551.jpg

[PR]
by dontodon | 2011-06-12 22:01

帰りました!

金曜日に帰国しました。

私、今まで時差ボケとは縁がなかったのですが、今回はなんだか調子が戻らない。やっぱり歳だなあ。

イギリスは結構寒くて、直前に荷物に入れたコートや上着が大活躍。でも、バラと緑の、いい季節だった。

ごはんも、言われているほどまずいことはなく、美味しく頂きました。ビールも地ビールが色々あって、美味しいし。ただし、ワインはほとんど生産されていないそうだ。

今回行ったのは、イギリスの下半分。湖水地方やコッツウオルズ、バースなどを回って、最後はロンドンに3日。ツアーで行ったが、ロンドンの3日はフリーだったので、結構自由に動けました。

イギリスはEUだが、通貨はユーロではなく、ポンド。

2,3年前にはポンドが高くて、地下鉄乗るのに1000円、などと言う話も聞いたのだが、今は1ポンド142円ほどで(5月25日に成田でのレート)、500㎜のお水が1ポンド前後でしたから、まあまあかな。消費税は20%ですが、食品には課税されないので、一昨年に行った北欧に比べれば、物価高が堪える・・というほどではなかった。

ここ10年ほど、毎年ヨーロッパ方面に行っているのだが、イギリスは何がラクかって、全部英語のところ! って当たり前なのだが、看板や駅の表示なども、一応全部読めるし、なんとか話も通じるし、イギリス人は、そうバカみたいに大きくないから、威圧的でもないし、他のヨーロッパの国より、なんだかストレスが少なかった気がする。

それでも、わかりやすいはずのイギリス英語が、せいぜい半分くらいしか理解できなくて、町歩きで不便はない程度ではあるが、突っ込んだ地震の話などをされると、一言二言しか返せなくて、とほほ。


イギリスを勝手に総括すると、ロンドンは大都会だが、ロンドン以外は超田舎。

ちなみに、ホテルにいるときは、ずっとテレビでBBCをつけていたのだが、日本のことなど、1ミリも報道されない。原発のことも、一度も出てきませんでした。


今回こそは、忘れないうちに旅行記を、と思い、別ブログにしてみました。欄外の「エキサイトブログ」からリンクしてます。まだ半分くらいしか書いてないけど、きれいな季節なので、写真はきれいだと思います。
[PR]
by dontodon | 2011-06-05 23:24

犬猫馬鹿息子とのバトル生活


by dontodon