どんとがうちにやってきた

dontodon.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

死なないけど

というわけで、何度か山に行ったのだが、どう考えても、息切れすぎだと思う。

特に、↓ の時は、登っている途中から、頭の血管が、ドクドク脈打つ感じで、誰もいない山の中で、脳溢血になったらどうするんだろう、と不安が・・



また、この時は、その後2、3日疲れが抜けず、なんだか血圧が高い感じがする。




で、初めて病院に行ってみた。

私、近年病院に行った記憶がないくらい、病院とは縁遠い人間です。



そしたら、あらびっくり。随分な高血圧で、そのせいで心臓まで肥大していました。

まあ、でっかい心臓! 同じく心臓肥大のどんと並だ。(どんとは、フィラリアの後遺症ですが、私はフィラリアではない、と思う。)


山で苦しいのは、このせいでしょう、とあっさり。

薬で、落ち着くまで山やめたほうがいい、と言われて、がっかり。

週一のトレーニングはなんとしても続けたいので、軽い感じで続けさせてもらおうと思います。

まあ、歳だし、色々ストレスフルだし、血圧が高くなるのももっともですね。




で、夫に言ったところ、


えーっ あなたが死んだら、隣のばあちゃん、どうするの~?




さあ。なんとかしてください。




で、血圧高くて、心臓でかいんだ、と隣の母に言ったところ、


えーっ あんたが死んだら、アタシはどうなるのよ!





どうなんでしょう、これ。

この二人、私のストレスの源なんですけどね。



なんか、自分がとっても可哀想になりました。
[PR]
by dontodon | 2012-07-31 17:44

最後の山?

7月22日、一人で秩父のお山に登ってきた。

関八州見晴台。飯能の奥にある、「関八州」が見渡せる景色のいいはずのお山です。

一人での山登りは初めてだが、まあ低い山だし、4、5時間くらいのルートだし、大丈夫だろ、と。これまで履いていた、ホーキングの安靴がいかんせんダメで、新しくダナーの革の靴を奮発したため、試し歩きしてみたかったし。


西武秩父線の西吾野という駅で降り、登山口まで20分くらい。


民家の横から登山道に入り、


f0106884_15224672.jpg




すぐに杉林となって、眺望のないこんな道が続く。

f0106884_1574732.jpg


f0106884_1527160.jpg




この日はお天気がどよよ~んだったため、他に登っているのは5組くらいでした。もちろん、みんなに追い抜かれる。

一人のペースで、気兼ねなく休み休みなので、進まないったらありゃしない。

でも、誰もいない山道をとぼとぼ歩くのは、結構いいもんだ。



2時間半くらいで、こんな木と祠がありました。

f0106884_15295698.jpg



その先には、高山不動。

関東三大お不動様らしいです。(残りの二つを言えといわれても、いえない。)

境内には、ものすごい大イチョウの木がある。


f0106884_15322691.jpg


f0106884_15324122.jpg




本堂には、これまた急な階段を登り、

f0106884_15333333.jpg


これだけで、今日の仕事を終えた気が・・



高山不動の裏側を、さらにもう一息登ります。

f0106884_15343218.jpg





40分くらい登ると、頂上に到着。

f0106884_15353659.jpg


f0106884_15355173.jpg



すっかりガスってしまい、関八州どころか、10メートル先しか見えない・・。




お昼は、コンビニで買ってきたおにぎりをもそもそ食べ、こんなに見えないと長居する気もおきずに、帰る。




帰りは、高山不動から、吾野駅に降りる道に進むが、これが結構な下りで・・


f0106884_15384948.jpg



このルートは人が全くいなくて、ところどころに草に埋もれて古いお墓なんかもあり、ちょっと怖い。


途中で、標識のない分かれ道があり、やめてよ~ と思いながら、えいやっと片方を降りてみる。


が、何事によらず、分かれ道で必ず間違ったほうを選ぶ私、やはり間違っていたようで、10分くらい細いやぶ道を下ると、次第にけもの道っぽくなってきた。

これはヤバイかも・・と、せっかく下った道を、また登る。一人だと、こういうときって泣きそうです。

今度は逆の方を下ってみるが、やはり細くて急で、鹿くらいしか歩かないんじゃないか、というような道で・・30分くらいで渓流に沿って歩くようになる、とガイド本に書いてあったので、30分歩いても渓流に出なかったら、再度戻ろうと決めて歩く。


お天気悪いし、景色は何も見えないし、だんだん膝が痛くなってくるし、熊は出そうだし、心の中で泣き言だらけで下り続けると、よかった、川の音だ。



心底ほっとしてしばらく歩くと、


突然視界が開けて、


f0106884_15485031.jpg



「八徳」という集落に出ました。




そこからは、舗装道路を延々と歩き、その頃には左ひざが激痛だ。いつも下りで膝が痛くなるので、この日はスポーツ用サポートタイツを履き、さらに膝用サポーターもしてみたのだが、だめだった。歩き方が悪いんですよね。


うんざりする頃に、吾野宿に出て、しばらく行けば、吾野駅。


f0106884_1550533.jpg
 

f0106884_15533099.jpg







低い山なのに、お天気のせいか、一人だったせいか、なんか、とっても辛い山歩きで、何かの修行のようでした。
[PR]
by dontodon | 2012-07-31 15:57

福島 一切教山

3連休は前夜に那須入り、一晩中土砂降りだったが、朝には曇天に。

日曜も月曜も雨の予報なので、お山に行くには今日しかない! ということで、朝7時半に那須を出て、福島に向かいます。

東北道と、磐梯吾妻スカイラインを乗り継いで、約2時間で到着したのは、浄土平というところ。ここに車を置いて、向かったのは、本日のお山、



一切教山。



名前からしてちょっとわくわくです。



浄土平の周辺は湿原になっていて、始めは楽しい木道歩き。



正面の山が一切教山です。低そうに見えますが、元気のいい活火山で、噴煙が。

f0106884_041382.jpg






こんな注意書もありました。


f0106884_07573.jpg








なんとか雨も降らず、こんな天気のために人も少なくて、超気持ちいい~!


なんか、この世じゃないみたいでした。


どこに続く道?



f0106884_2357437.jpg











というのもつかの間で、こんな道になります。

f0106884_003317.jpg




次第に、周囲の草木がなくなって・・


f0106884_022295.jpg



f0106884_1019972.jpg



f0106884_10195626.jpg



f0106884_10204719.jpg








噴火口が、こんな風にみえます

f0106884_10211855.jpg








途中から、雨交じりのものすごい風と霧で、レインウェアを着る。



1時間半くらいで、頂上につきました。コースタイム通りで、私にしては、よく頑張った!





頂上には、


空気感謝塔



って、なんだろう?



f0106884_10214650.jpg




この山は、福島市から近く、このあたりは原発の西北、風の具合から、いつもホットスポットの地域だ。


そういうことを考えると意味深いが、


でも、たぶん震災前から立っている一種のケルン。






あまりの強風に、そそくさと下山し、再び気持ちのいい湿原ハイクだ。


f0106884_10225663.jpg




f0106884_1024287.jpg






いろんな花が咲いてました。

f0106884_10233087.jpg





しゃくなげくらいは、わかる。


f0106884_1023537.jpg










一切経山、なんか、すごくよかったです。

とっても、好き。

秋にまた来たいです。







近くに、有名な「玉子湯」がありますが、立ち寄り湯は3時までで、アウト。隣のしょぼい旅館で温泉に入りましたが、硫黄の白濁湯で、お湯はとてもよかったです。
[PR]
by dontodon | 2012-07-18 00:10

巡業? の歌舞伎

毎年夏の時期にやっているらしい、歌舞伎の巡業公演。東日本を回るコレ ↓ を



f0106884_13475067.jpg





地元の練馬文化ホールで(笑)。


義経千本桜って、全部で何段あるのか知らないのだが、今回のは、初音の鼓関係(というか、忠信に化けた狐関係)の

伏見稲荷の段 → 鳥居前
道行初音旅 → 吉野山
河連法眼館の段 → 四ノ切

の3幕。

親狐の皮で作られた「初音の鼓」を持って旅する静御前を、親狐が恋しい子狐が、義経の家来の忠信に化けてお供し、最後は義経から鼓を与えられて大喜び・・というお話です。



・・


前にも観たことあったのに、観たことすら忘れている。思い起こせば、歌舞伎、ずいぶんみてるのだが、なんにも蓄積されていないのは、なぜかしら?



見終わった後に、「義経が、馬鹿殿そっくりじゃん」とか、「子狐哀れ、とか歌ってる清元の三味線だって、猫の皮のくせに」とか、「菊五郎、みごとな5頭身」とか、どうでもいい感想しか話さないから、その記憶になっちゃうんだな、きっと。
[PR]
by dontodon | 2012-07-09 13:46

散々な誕生日

本当は、7日に浅間山の外輪山? の黒斑山 に登る予定だったのだが、土砂降り。

その日は軽井沢にある夫の会社の寮に泊まることにしており、当日キャンセルはできないので、とりあえず泊まりに行く。

軽井沢、15年ぶりくらいかも。

で、翌日晴れたら昇ろうと思っていたのだけど、やはり土砂降り。私は強烈な雨女なんです。

しかたなく、朝から星野リゾートがやっている日帰り温泉施設でお風呂に入り、すごすごと帰ってきました。





軽井沢寮は、旧軽のど真ん中、三笠ホテルの近くで、古きよき軽井沢の雰囲気ある場所です。

さすが古くから手入れのされている別荘地帯なので、こけも美しく、雑草だらけで野趣あふれる那須のウチとは大違い。

f0106884_14564359.jpg









さて、話は飛ぶのですが、

私はたまねぎが大嫌いです。

旅館や料理屋さんでは、予め「たまねぎは、形が見えても、ちょっとでも味がしてもだめ。」と伝えておくのですが、会社の寮だと、とてもそのようなわがままは言えずにいたところ(だって、1泊2食で4000円ですから)、見事にたまねぎオンパレード。

とっても美味しいお刺身なんか、そのまま出してくれればいいのに、すりおろしたまねぎドレッシングでカルパッチョだし、お肉の陶板焼きは、お肉の下がたまねぎだし・・



よけて食べましたが、当然大量のたまねぎエキスが体内に・・

朝食のサラダもたまねぎだらけで、

ついに熱を出し、家に帰って寝込みました。

自分でもびっくりです。年をとり、好き嫌いにも年季が入った模様。






で、7月8日は誕生日だったのですが、そんなんで具合悪くなった上に、出がけに私に小言を言われた馬鹿息子から、ただ一言

うぜー


というメールが届き、ブチ切れ。




その結果、馬鹿息子は家を追い出され、野宿するはめに(笑)

その顛末は追って!
[PR]
by dontodon | 2012-07-08 23:55

シリちゃんと遊ぼう。

6年使ったパソコンが、いよいよ重くなり、時々固まってストレスフルに。でも、先月はボーナス月で超貧乏な私(←ボーナス、払うほうなのよー)は、パソコンも買えず、だましだまし使っていたが、ボーナス月もなんとか乗り切って、超貧乏から普通の貧乏くらいになったので、買いました、パソコン。

で、この機会に家のネット環境も新しくすることにした。ずっとフレッツ光でしたが、料金プランや速度を調べると、KDDIの方が断然お得そう。


で、KDDIのAUひかりにするのであれば、と、裏の蓋がとれ、電池むき出しのまま使っていたAUの携帯by5年目を、iPhone4s@auに替えることに。


という怒涛のネット環境刷新月間です。






iPhone4sには、例のsiriという音声認識機能がついてます。今、CMでやっている、

「ロンドンは今何時?」

とか

「ママにメール」

とか、スマホに話しかけると、答えてくれるやつね。



でも、これ、全然CMみたいにスラスラいかない。

たとえば、

「今何時?」と聞いたところ、


港区が今何時かわかりません


だって。私、港区にいるんですよ。じゃあ、どこの時間ならわかるんだよ


「ばーか」


と言ったら、


そういうことにはお答えできません


ですって。


でも、息子が


古田の現役時代の背番号は?



と聞いたら、ちゃんと答えたので、思わず



シリ、すごい!



とほめたところ、



ほめられると、私もうれしいです



なんて言うんです。


シリちゃん、役には立たないけど、遊ぶのには面白いです。
[PR]
by dontodon | 2012-07-06 16:42
1月から始めた加圧トレーニング。

相変わらず、加圧はほんの10分くらいで、あとは筋トレ。

週に1回45分ですが、半年続きました!

1クール10回で、めでたく3クール目に突入です。

自分でも、こんなにちゃんと続くの、びっくりです。



スタジオは石神井公園の駅前で、家まで徒歩8分。これが第一のポイントでした。逃れようがない、というか、いまや、トレーニングが終わると、着替えもせずその格好のまま(昼間着ていたスーツはかばんに丸め。)ぺたぺた帰れるところが、大変よろしい。ほぼヘロヘロですが。



第二のポイントは、泣き言だらけの私に、先生がちゃんとつきあってくれるところ。

半年たっても、新しいことやらされる時は、「そんなの無理」とか「いや、次回に」とか「今ので充分だから」とか、積極性ゼロで、私が先生なら、


やりたくないなら、こんなとこ来るなよ


とキレると思うのですが、キレないんだな、先生。

でも、だんだん私の性格がわかってきたらしく、普通1セット10回なのに、スクワットなどやらされながら、

8回目くらいで、「15回までやってみましょう~」と。

心が折れます、それ。



毎週、水曜日がトレーニングなんですが、木、金は筋肉痛。

こんなところに筋肉が! 


てなところが痛くなります。

私のお尻なんて、今まで一度も酷使されたことないと思うのですが、痛いんですよ、お尻。お尻もびっくりしてると思いますが、私もびっくり。






まあ、週に1回筋トレしているだけでは痩せるわけもなく、体重は変わらないが、どんなに暴飲暴食しても、やはり体重が変わらない、というとこがミソかな。

これで少し食事とビール減らせれば、3キロくらいはいける気がするが、まあそれは今後の課題として、とりあえず「将来の寝たきりを防止する」という目標は達成しつつある気がする。

なんといっても、山のぼりが続いているのは、このトレーニングのたまものですから。




とはいえ、山登りで痛感するのは、やっぱり私は異常に心肺機能が低い。

これを改善するには、ウオーキングしかなく、今年後半の目標は、週2回のウオーキングだ!

がんばれ、わたし!
[PR]
by dontodon | 2012-07-06 00:09

筑波山

ああ、もう! 

小さい時から、凝り出すとブレーキのきかない私です。

この性格で失敗した恋愛も多数・・あ、ちがった。山登りです。



6月30日の日曜日、高校時代からの親友えりちゃんと、筑波山に。

彼女と山に行くの、実に26年ぶりです。26年とは、お互い年とったねえ、と感慨深く。




つくばエクスプレスのつくば駅から、バスで40分。筑波山神社からスタート。

f0106884_23201362.jpg




これが、立派な神社なんです。

境内では、ガマの油売りの口上する方々がスタンバってました。




で、恒例。いきなりの急坂。赤城山も同じでしたが、いきなり直線で登るの、やはってんでしょうか。

つらいです。


f0106884_2324282.jpg





えりちゃんは小学校の先生で、エレベーターもない校内を走り回っているので、毎日ものすごい運動量。鍛え方が違うので、そりゃもう、ガシガシ登って、男子高校生並のスピードで・・どうぞお先に、と言ったとたんに、姿が見えなくなりました。


意気消沈。




頂上にはほど遠い、こんな階段の前で、えりちゃんから



頂上ついたよ~  


とメール。軽く気が遠くなる。


f0106884_23245691.jpg





私は、あいかわらず、自分でもびっくりするくらい、すぐゼイゼイしてしまい、今回は見事2歳児にも抜かれましたよ。はは・・・


それでも、よちよち登っていくと、最後には頂上に着くのがすごい。それがために、適性ゼロの私が、山なんか行ってるんですよね。


今回、私たちは筑波神社からロープーウェイ沿いの、御幸が原コースを登り、男体山を往復してから女体山、そこから白雲橋コースを下る、というルートでした。


f0106884_23322038.jpg




f0106884_23315925.jpg






筑波山、結構人気な山らしく、とにかくすごい数の登山客でした。

女体山の頂上は、すごいラッシュ。


f0106884_23355686.jpg





そこから白雲橋コースの下山ルートは、なんだかすごい岩ばっかりの道で、足にきてつらい。


でも、奇岩がたくさんあり、楽しいです。



大仏岩

f0106884_2338068.jpg




出船入船(船がすれ違ってるみたい。)

f0106884_2338405.jpg




北斗岩

f0106884_2339826.jpg




虞をなして、弁慶も戻ったという、弁慶の七戻り

f0106884_23404761.jpg







コースタイム3時間50分ですが、

神社を10時に出発し、同じ地点に戻ったのが4時でした。

途中ごはん食べたり、休憩したりしましたが、あまりに遅いよ、わたし。




筑波山温泉に入り、最終のバスに乗って、つくば駅まで。

駅近くでビール飲んで昇天しました。

楽しかった! でも、つらかった!
[PR]
by dontodon | 2012-07-05 23:46

犬猫馬鹿息子とのバトル生活


by dontodon