どんとがうちにやってきた

dontodon.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

息子はバカが相場

子どもを育てるというのは、少しずつ期待値が低くなって、子どもに対する色々なことを諦めていくことだと思ってはいるのですが。


ですから、息子に対してはもはや立派な人間に・・などということは夢にも思えず、バカはバカなりに、楽しい人生を送るがいいよ、という程度にしか思っていないのですが。





どんなにハードル下げても、まだ、どうしても、これだけは許せない、ということが一つだけあります。












これです。






f0106884_1505896.jpg




f0106884_1511953.jpg












我が家で、唯一個室をもっているバカ息子。

この有様です。

なんで、この中で暮らせるかなあ。





入口はあけっぱなしなので、中は見えますが、正直なところ、ここ半年くらい、足を踏み入れたことがない。

3ヶ月くらい前までは、どんとはよく入って、いろんな物に紛れて寝ていましたが、今やどんとですら嫌らしく、入りません。

まあ、目の見えない犬にとっては、デンジャラス・ゾーンだということに気が付いたのでしょう。









ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、片付けろと言い続けてきましたが、


オレにとって居心地いいんだから、いいの。


と。





挙句には、パソコン広げるスペースもないものだから、リビングでレポート書いたりしている。




息子の部屋は通りに面しているのだが、色々な物やゴミで、バーティカルブラインドがよれよれになっており、外からみると、うち全体がゴミ屋敷みたいだ。








タイトルは、先週号の週刊文春の伊集院靜の連載です。

息子っていうのは、バカなんだそうです。

バカにも限度がありますわな。
[PR]
by dontodon | 2013-06-25 15:18

近況

このごろ毎日、ありえないほど眠くて、ものすごくお腹が減る。

いつも8時半頃に夕飯を食べるのだが、ご飯を食べている最中から、もう眠い。

たまらず10時頃ベッドに入ってしまい、せめて本でも、と思うが、2頁読んだらもうアウト。

そのまま、健やかに意識がない。

そして、夜たんまり食べても、翌朝6時にはお腹がすいて目が覚める。





赤ん坊?








仕事は特に忙しくもない。

週一の加圧筋トレは続けてます。

が、そのほかに、週一でゴルフのレッスンを受け、さらに週一で、英会話の個別レッスン始めました。

どんだけ、教わるの好きやねん?

そんなことしてるから、疲れるのかなあ。




英語なんか、50過ぎまで話せなかったんだし、英語話す必要もないし、別に今さら話せなくていいんですけどね。

私、大学は英文科でした。英語まじりで、卒論も書いたし、だいたい、高校の英語の先生の資格もっている。なのに、5分以上は外人と話せない。言葉つまって。



ちなみに、英語が話せない、ということで言えば、こんな残念なこともありました。

もう20年以上も前のこと、当時は某有名人の秘書でしたが、私のボスが海外のアーティストと色々お友達だったんですね。

で、みんな来日すると、一緒にご飯を、ということになりまして、本来なら秘書の私も一緒に行くんですが、英語話せないのですごく気が重く、そのお役目を、英語ぺらぺらの子に全部回してしまっていたんです。


スティービーワンダー とか、ミックジャガーですよ!!

ありえへん、ですよね・・









そんな機会さえ逃してきたのだから、いまさら別にいいや、と思ってたんですが。
ちかごろ、もうすぐ寿命もおしまいかなあ、と思うようになり、人生でなにか悔いがあるかしら? と考えたところ、


① 英語しか勉強しなかったのに、英語が話せない自分が、とてもしゃくにさわる。

② フラメンコやりたかったのに、やってない

③ 中学生の頃から南米に行きたかったのに、行ってない



この3つかなあ、と。まあ、どれだけ能天気な人生なんだ? ってラインナップですが。



でも、

②はもうすこしお腹やせないと。

③はもうすこし体力つけないと。


それでとっつき易そうな英語のレッスン受けることに。




人に教わるのは大好きだけど、学校は嫌いなので、これも個別レッスン。自宅や最寄駅近くのカフェに先生が来てくれて、1時間3000円って、めちゃくちゃ安くないですか?


どんな講師がいいのか、希望をいえるのだが、私の希望は、「外国の人。」

希望が、頭悪い。




それで派遣されてきたのが、バングラデシュ人でした。

バングラデシュ~~?

とりあえず、外国の人ではあるなあ。


と会ってみたら、文科省の招聘で某大の大学院でPCのセキュリティ関連の研究をしている若者でした。

話すと、めちゃくちゃ優秀で、教え方もこちらのレベルをちゃんと把握して、お話の内容も賢い。

時間にも正確だし。

母国語はベンガル語なんだそうだが、元英国領だったので、英語も話す。

うちの近所の喫茶店で、1時間、みっちり英語で話してます。





こんな毎日のため、めっきり外にお酒飲みにいかなくなりました。
[PR]
by dontodon | 2013-06-19 16:05

犬猫馬鹿息子とのバトル生活


by dontodon