どんとがうちにやってきた

dontodon.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

1月24日 文京シビックホール

ユーリ・テルミカーノフ指揮 マーラー2番「復活」
 

マーラーの中では一番苦手な復活。長いんだもん。(こればっか。)
    
愛するサンクトペテルブルクフィルだが、やはりこのオケはロシアものが合ってるわけで、マーラーはちょっと。1楽章なんか、ショスタコビッチに聞こえてきました。金管がちゃかちゃか派手だからでしょうか。




1月28日 サントリーホール

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 (ピアノ:エリソ・ヴィルサラーゼ)

ラフマニノフ:交響曲 第2番   
 



ピアノ協奏曲は、ピアニストがこのオケとあまり相性がよくないように聞こえましたが。

ラフマニノフの2番は、2年前にもこのオケで聞き、その演奏ですっかりはまり、色んな指揮者のCDを買って車でもよくかけているので、とってもお馴染み。
(三浦カズが出ている缶コーヒーの宣伝で、サビのところが使われてます。)

今回も、良かったです。
このオーケストラは、やはりロシアものだ。





サンクトペテルブルクフィルは、単体のオーケストラとしては一番好きなので、来日するたびに行っているのですが、もうずい分前、マルタ・アルゲリッチと競演したことがあり、今考えると、ずいぶん豪華ですね。
前半のピアノ協奏曲(誰のをやったのか忘れました)を終え、休憩になって後半は交響曲なわけですが、そしたら私の右後方に、アルゲリッチが! 彼女、普通に客席で聞いてるのです。

これって結構珍しいことです。アルゲリッチ、純粋に音楽、好きなんだなあ、と思いました。



余談ですが、
これも数年前、日本のオケでしたが、前半がヨーヨーマのチェロ協奏曲だったんですね。ヨーヨーマが、胡弓かと思うくらいに、泣きのチェロ弾いて、アンコールも2曲くらいやって。
しかし、休憩はさんで後半の交響曲になったら、ヨーヨーマがちゃっかりオケの一員になってチェロ弾いてました。
ほんと、音楽、好きなんだなあ、と笑いました。
[PR]
by dontodon | 2014-01-27 14:30

アバドが死んじゃった。

愛して止まない指揮者、クラウディオ・アバドが、とうとう亡くなった。




f0106884_16153141.jpg




昨秋にルツェルン祝祭管弦楽団と来日予定で、東京での4日間の全公演のチケットをとっていた。私にとって、昨年のメインイベントで、何ヶ月も前から楽しみにしていたのに、体調不良で中止。

高齢だし、癌の手術もしていたし、これはもうこちらから会いにいかなきゃ聞けないかも、と、今年こそはスイスまでルツェルン音楽祭に行こう! と決意していたのに。




2006年にこのオケと初来日したときに、私が別ブログで書い記事があった。





2006年10月13日

クラウディオ・アバド 指揮
ラヘル・ハルニッシュ ソプラノ


モーツアルト  コンサートアリア「わが愛しの希望よ! ああ、そなたにはどんな苦しみかわかるまい」K416  「ああ、できるならあなたにご説明したいものです」k418 「わが感謝をお受け下さい、やさしき保護者よ」k383

マーラー 交響曲第6番イ短調「悲劇的」


ルツェルン祝祭管弦楽団は、ベルリン・フィルやウィーン・フィルなどトップクラスのオーケストラメンバーやソリストをアバドが一本釣りして作ったオーケストラだ。年3回のルツェルンでのコンサートの他は、各メンバーはそれぞれの活動をしている。オケとしての海外公演は、今年は日本だけだという。
モーツアルトのアリアは、ラヘル・ハルニッシュが立ち姿も声も繊細で、とにかくすてき。

マーラーは、没頭した。オケも陶酔して、アバドと一体になっている感じだ。2楽章と3楽章を逆にした構成だったが、2楽章の緩急など、全員が一緒に息をしているようだ。
4楽章では、3回ハンマーが打ち落とされ、緊張が高まってラストに。アバドが振り終えた瞬間、アバドもオケもそのままの姿勢で息をとめるように微動だにせず。観客もしーんと動かず。咳の音一つしない。ホール全体が静寂のまま30秒はたっただろうか、絶妙のタイミングで低音の「ブラボー」の声がかかり、アバドとオケがふっと息を吐き、拍手の嵐となる。鳥肌の立つ瞬間だった。

今日さらに嬉しかったことは、どうしてもとれなかったルツェルンフェスティバルの18日のチケットが、主催者のところに数枚あり、ホールで買えたことだ。ポリーニとアバド!! 今年一番聞きたかったコンサートだ。ああ、楽しみ!        







2006年10月18日

指揮 クラウディオ・アバド  ピアノ マウリツオ・ポリーニ

ブラームス ピアノ協奏曲2番変ロ長調 op83

ブルックナー 交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」 ノーヴァク版



アバドとポリーニ。私が今年一番聞きたかったコンサートだ。プレ発売でも、一般発売でも取れず、先週金曜のコンサートで、幸運にも手にできたチケット! 38000円。A席なのに。
ポリーニとアバドが揃って舞台に出てきた時には、同じ時代に生きさせてもらって、ありがとう~という感慨がわき起こってきた。

ブラームスは軽やかで、きらきらしている感じの演奏。ポリーニは独奏会ではよく歌いながら演奏しているのだけど、さすがに今日は口は動いていなかった。

ブルックナーは、圧巻。大きな大きな船で一緒に航海しているような、身体が持ち上げられるような、そんな感じ。






毎年、数え切れないくらいのコンサートに行っているのだが、未だに、私の人生史上、この時のコンサートがナンバーワンです。

本当に悲しい。書いていても、泣けてくる。

2年ほど前から、ルツェルンまで行こう、という話があって、でもチケット取りづらく、延ばし延ばしになってたのです。それを今年は・・と思っていたのに・・やはり、会いたい人には、思い立ったときに会わなくちゃダメなんだ。
[PR]
by dontodon | 2014-01-24 16:10 | 舞台・コンサート

新春大歌舞伎

一、仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
九段目 山科閑居
   
戸無瀬 藤十郎
大星由良之助 吉右衛門
加古川本蔵 幸四郎

二、乗合船惠方萬歳(のりあいぶねえほうまんざい)
   
梅 玉
翫 雀
橋之助
彌十郎
児太郎
孝太郎
扇 雀
又五郎

(井上ひさし)
三、東慶寺花だより(とうけいじはなだより)
   
信次郎 染五郎


f0106884_16244184.jpg







歌舞伎は、年に4、5回かなあ、行くのですが、今更ながらわかったことがあります。


私、歌舞伎好きじゃないかも・・・

だって、長いんだもん。




4時半スタートで、終わるの9時ですよ。

いくら休憩あるといっても、4時間半ももちません。

たくさんいらっしゃる年配の方々、すごいなあ、と思います。

なんと今回、最後の井上ひさしのはパスして、飲みに行っちゃいました。

19000円の、ど真ん中の特等席なのに。

年取って、ますます忍耐力がなくなってきたのかもしれない。

私、週一回の個別指導筋トレ、まる2年続いてるんですが、それは1回が45分だからだと思う。

45分て、小学校の授業ですよね。小学生なみってことだ。




今年は、できるだけ見たもの記録しておこうと思っているので、一応書きます。

忠臣蔵。

いろんな段の組み合わせで、何度もみているのですが、私、そもそも「忠臣蔵」の筋書き自体、納得できないのです。

「田舎侍」とののしられた浅野さんがキレて、勤務先で刀抜いちゃったから切腹になったんですよね。それ、キレた自分のとこの殿様が悪いのでは? 吉良さん、首切られるほどのことしてます? としか思えず、討ち入りに、何もシンパシー感じない。

言ってもしょうがないけど。


今回、吉衛門と幸四郎で豪華ですが、山科閑居という、じみーな段でした。



「乗合船惠方萬歳」というのは、初めてみました。おめでたい宝船みたいな舞踊の出し物。
30分くらいでしたので、楽しかったです。



お前なんか、歌舞伎みる資格ない、と罵られそうですね。すみません。
[PR]
by dontodon | 2014-01-19 16:22

今年の立派な抱負

世間様と同じく、昨日が仕事始め。年末年始、12日間休んだので、しばらくは社会復帰に向けてのリハビリ期間ですね。(私、リハビリばっかしてる。)

一応、今年の抱負を。




① 歯医者に行きます。(3年前にも同じこと書いて、通い始めたのですが、大震災で中断。なんで大震災で歯の治療をやめちゃうのか、自分でも謎。)

② 病院に行きます。(1年前の人間ドッグで、子宮筋腫あり、ポリープあり、と言われたのに、そのまま放置中。なんで放置するのか、これも謎。)

③ 5キロ痩せます。(毎年書いてます。)

④ 英語のレッスン再開します。(母の介護を理由に中断したまま。このままやめちゃったら楽だななあ、と、私の中の悪い小人がささやき続けている。)




今日の新聞に書いてありました。

痩せたい、とか、英語を話せるようになりたい などというのは、願望であって目標ではない。




はい、そのとおりだ。
[PR]
by dontodon | 2014-01-07 12:51
ハワイには朝8時頃着いて、ホテルに直行。チェックインは午後4時(!)なので荷物預けて、どこに向かったかといえば、


パールハーバー。

夫が軍事オタクなもんで。


ワイキキから、路線バスで4、50分かけて行ったら、

施設は全部、本日休館。

そりゃそうだ、12月25日だよ・・

調べてからいけよ、ってことですよ。


f0106884_1451635.jpg






ワイキキに戻って、ハワイに関して特に何の関心もない親子3人、チェックインタイムまでぐだぐだして過ごす。

泊まったのは、ヒルトンハワイアンビレッジの中の、ワイキキアンというコンドミニアムでした。

1LDK。

キッチンには何でも揃っており、電子レンジも、馬鹿でかいオーブンも、炊飯器まであります。

洗濯機と乾燥機もあるので、帰国してから洗濯したくない私は、毎日せっせと洗濯にはげむ。


f0106884_14565983.jpg


f0106884_1456442.jpg


f0106884_14563117.jpg




息子はリビングのソファベッドで寝るのですが、これがキングサイズで居心地よく、一日中ベッドのままにして、全員でその上でごろごろしながら、多チャンネルテレビでやっている、鶴田浩二のヤクザ映画なんかをみるダメッぷりでした。



ゴルフ場は、実は別に謎のゴルフブログを書いているので、そのうちそちらに書いてリンクします。
[PR]
by dontodon | 2014-01-05 14:59

犬猫馬鹿息子とのバトル生活


by dontodon