どんとがうちにやってきた

dontodon.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

どんとが、熱中症!!!

一昨日の月曜日の朝、どんとはいつものように、寝室の床で寝ている。

が、いつまでたっても起きてこない。

ご飯を作っても起きない。

鼻の前に、お刺身差し出しても起きない。

ゆすっても、反応がない。



どんとが、大変だ~







大慌てで、夫が抱き上げ、車に乗せて、病院に向かいました。

車の中でも、夫の腕の中で意識がなく、大きく舌が出て、頭がだらーんと・・・

これって、もしかして危篤?  






なに、いきなり?

まだ完治していない前庭疾患も神経の問題だし、目が見えないのも神経の病気だし、

なんか神経系? 






病院では、即座に二人の先生と大勢の看護師さんたちが、よってたかって検査と処置。


どんとは、酸素吸入しているし、心拍数はかる音が響くし、私と夫は枕元で、どんちゃん、しっかり! と呼び続けてるし、病院内騒然で、待っているほかの飼い主さんたちも、全員で心配そうに見守っているし、絵に描いたような大変な状況に・・・




熱が41度もあり、とにかく冷やす。

全身にアイスノンとぬれタオルをあて、点滴しながらエコーをとり、血液検査の結果を待ちました。







結果、

内臓も心臓も血圧も、すぐにわかる異常はなく、

血液検査も、ほぼ正常値。






おそらく熱中症でしょう・・・・てな話をしていると、どんとが



あれ?



という表情で、意識が戻った。







あ~ どんちゃん、よかったよ~







しばらくすると、身体を動かせるようになり、体温も40度以下になってきた。






思い起こしてみるが、前の日は日曜で、そんなに暑くはなかった。日中4時間ほど留守にしたが、その間は、家中の窓を開け、どんとは1階にいたので、室温は25度くらいだったと思う。

どんとは普通といえば普通だったが、ただ、いつもより、少し反応が薄いかな~ とは感じていた。


日曜の夜も普通にご飯を食べ、一緒の部屋で寝ていたし、明け方、起き出しておしっこしたそうだったので、庭に出しておしっこもしていた。ついでに水も飲んでいたと思う。

なのに、朝、いきなりの意識不明。





獣医さん曰く、体温調節する神経に異常がある可能性があるが、はっきりはわからない、とのこと。


犬も老化すると、そんなに暑くなくても熱中症になりやすいので、どっちにしても、去年までよりはずっと気をつけなければいけないようです。






その日は夕方まで入院していったん家に帰り、昨日もまた朝から夕方まで日帰り入院して、点滴など打ってもらいました。

わたしは、全ての仕事を 身内が危篤で(←嘘じゃないし。) とすっ飛ばしました。







今朝も、まだいつも通りとまでは回復してない感じ、動きと反応が鈍いですが、とりあえず無事です。



ほんと、怖いです、犬の熱中症。

炎天下、外にいる、とか、締め切った部屋に入れておく、とかならわかりますが、人間が全く暑さを感じない、風通しの良い部屋に一緒にいても、犬は熱中症になるんですね。


まさか熱中症とは思わないから、今回も、「ちょっと元気ないけど、様子みよう」などと言って、夕方まで仕事に出ていたら、死んでたと思う。



みなさんも、気をつけてください。





今、うちはガンガンに冷やして、 氷の世界  です。 レリゴ~ です。


ちっとも寒くないわ じゃないです。すごく寒いです。






























[PR]
by dontodon | 2014-07-16 13:27

暇なんで

金曜日、午後4時半、事務所です。

どうしてもやらなくちゃいけない仕事はやった。

夜は久しぶりの親子3人飲み会@六本木 なので、家に帰っちゃうわけにはいかない。

でも、私のモットーは、明日できることは今日やるな、なので、どうしてもじゃない仕事はやりたくない。

外は36度だから、時間まで買い物なんかもしたくない。



なので、まさかの2連発だ。






ぽんきちが来たのは7月8日で、私の誕生日でした。わたし、55歳ですよ。55歳。

びっくり。

で、自分への誕生日プレゼントが、猫って、ことでした。




それにしても、55歳って、もっとちゃんとしてましたよね。昔。

先日、亡くなった父の昔の教え子(父は高校教師でした。)から連絡があり、高校の同窓会で、父が卒業生に残した話の音源が残っているので、同窓会のホームページで使わせてくれないか、とのこと。

今から30年くらい前のもので、数えてみると、父が54,5歳くらい、今の私と同じ歳のものでした。




聞いてみたのですが、ものすごーくちゃんとしてる。いいこと言ってるし。

未だにちゃらちゃらしている娘と大違いだ。すみません、お父さん。



当たり前だけど、55歳って、もう人生後半の、人間もできあがった、大人のはずですよね。

なのに、自分がなってみると、こんな感じ? いいの?これで。 
 
いつの間に、日本人はこんなにちゃんとしてなくなっちゃったんだろう~ 



あ、日本人に普遍化する話じゃないですね。ちゃんとしてないのは、あたし、ですね。
 



誕生日は、うなぎ食べに行きました。

わたし、生まれた時から、うなぎが一番好き。

最後の晩餐はうなぎがいいです。


こんなくだらないこと書いている55歳。
[PR]
by dontodon | 2014-07-11 16:50

命名 ぽんきち

いきなりの暑さで、生きる意欲が減退します。



そんな時には、これに限る。





f0106884_15525482.jpg







はい。ぺんぺんじゃありません。


うちの、白黒の席がひとつあいたので・・





近所の猫保護活動家の友人のとこから来ました。3月3日生まれの男の子です。





その名も  ぽんきち。










まあ、いつものように、事前に夫に言うと反射的に反対するので、言わずにもらってきました。

夫は帰宅して、いちおう怒ってみるけど、それはポーズだということを知っている(笑)。

で、



名前つけさせてあげるから、いいじゃん。





ってことで、夫が命名しました。

そしたら、ぽんきち



あ”~




ま、いいけど。

うちのみんな、どうせろくでもない名前ばっかりだし。









とにかく丈夫な子がいい、と希望を出していたのですが、確かにとっても丈夫そう。

ものすごく運動神経がいいです。

ものすごくもりもり食べます。


で、うるさい!




人間も猫たちも、とほほになっています。子猫って、こんなにうるさかったっけ?

とにかく、ずっっっっっっと走り回り、入らなくていい場所に入り、上らなくていいところに登り、抱っこ抱っことまとわりつき、姉ちゃん猫たちにちょっかいを出す。

全身で、楽しい~ と言ってます。よかったね。



まあ、こいつは確かに、ぽんきちって感じだな。





とっても感心したのは、そんなうるさい子猫に、上の子たちが誰もシャーせずに、我慢していることです。

みんな、いい子だなあ。




なので、久しぶりにおさらい。


いつも美少女なむにちゃん。(たぶん、むにちゃんが一番厳しいと思う。少しは厳しくしつけたほうがいいので、むにちゃん、教育係に任命。)

f0106884_1652889.jpg





むにちゃんとぐらちゃん。

f0106884_1653970.jpg



f0106884_1655754.jpg





ぐりちゃん、ぐらちゃんとどんと。猫は全員どんとが大好き。ぽんきちも、すぐなれた。

f0106884_1661024.jpg





で、どんと。前庭疾患が発症してから、2ヶ月たちました。途中少しよくなったのだけど、ぶりかえし、どよよ~んでしたが、最近またかなりよくなってきました。久々にシャンプーしたら、気持ちよくなったらしく、洗ってる途中でお風呂で横になり、寝ようとした珍しい犬。

新しい子が来ても動じず。


f0106884_1661771.jpg

[PR]
by dontodon | 2014-07-11 16:17

犬猫馬鹿息子とのバトル生活


by dontodon