人気ブログランキング |

どんとがうちにやってきた

dontodon.exblog.jp
ブログトップ

2012年 08月 22日 ( 1 )

はじめに言葉があった

はじめにことばがあった。



というのは、ヨハネによる福音書だったでしょうか。


キリスト教の解釈では、ことば=イエス と理解するようですが、哲学上では、言葉が与えられて、はじめてその物が物として存在するようになる、といいますよね。

(それを、「はじめにことばがあった ことばは神とともにあった」と表現する聖書は、すごいなあ、と思います。私、宗教は何も持ってませんが、聖書はこんな風に、読み物として深いので、好きです。)



で、もちろん私が高邁な話を書くわけもなく、なにを言いたいかといえば、



高血圧は高血圧と診断名が下されて、はじめて自分の中で病気として存在するようになる


ということなんですよ。





今までも、頭がぐらぐらして気持ち悪くなったり、階段登る途中でぜいぜいしたりしてましたが、それでも自分が具合が悪い、ということ自体認識がなかったので、気付いていなければいないでどうってことない。実体として気付かれないうちは、存在していないと同じ。

それが、いったん、あんた高血圧だよ、といわれると、つい「あ、血圧あがってる~」とか「具合悪い~」とか「あたし病気~?」とか思うようになり、ああ、これが



はじめにことばがあった

ってことなんだなあ、と。



違うか・・







 
by dontodon | 2012-08-22 16:12

犬猫馬鹿息子とのバトル生活


by dontodon